日本人の「行間を読む力」について

どこの国の人が「行間を読む」のが得意なのか? 日本では、もしかすると日本人は行間を読むのが得意で、西欧人は苦手であると思い込んでいる人もいるようだ。最近はもうそんなことはないか。

日本人の「行間を読む力」について

日本人は行間を読む力が強いと思っている日本人は多いように思う。しかし、それは大いに疑問だ。

実は、日本人は世界の中で、あまり得意な方には入らないのではないかと思う。ささやかな気候の変化の中に季節感や風流を感じとったり、気持ちを推し量ることに長けていることには、かなりの自信がある。

しかし、行間を読むという言葉には、それが言葉や文章であって、相手の意図を精細に読み取るという意味がある。

自らと相手の、政治的な距離感や位置関係を把握した上で、言葉の表面の意味と裏の意味とを両方とも響かせながら、会話を進めていく技があり、こういう場面で、「行間」ということがクローズアップされることになる。

日本人は、どちらかというと言われたことをそのまま素直に信じるタイプであるように思う。良い意味の言葉をその通りに受け取る傾向も強いように思う。

言霊など、言葉の力には、信を置く文化でもあるので、言葉には慎重であるので、思ってもいないこと、本心と逆のことを言うことに抵抗感を感じる人が多い。

西欧における事実と真実について

しかし、西洋の哲学では、精神と言葉とは独立しており、本心と異なることを言うことも、事実と異なることを話すことも、主要な宗教は全く禁止していない。

科学的に事実とされたことも、ローマ教会が神の摂理から否定したりすることもあるわけである。神の摂理というのは、単に観察された事実という意味ではなく、信仰をベースにした真実の言葉によって語られるものである。

このように事実と真実というものが、別個に独立に存在し、しかもそれぞれが正しいとされ、にもかかわらず事実と真実は矛盾するという世界である。このような環境で鍛えられたレトリックは実に巧みなものである。

西欧における行間とは

もちろんヨーロッパやアメリカでも行間という言葉がある。ヨーロッパにおいては、フランス人が行間を読むことに長けていると言われる。言葉で言わず、大げさな表情をするでもなく、意思を伝えることが、外交などでも活かされているという。それは、スポーツにおいて、特にサッカーの戦いに活かされることになる。

イギリス人も長い間フランスに支配されていたせいか、行間を読み、二枚舌や三枚舌を操るという。これら二国の「行間を読む」という言葉の裏には、別の意味が含まれている。つまり、相手を欺いて、真実とは異なる別の意味を読み取らせる能力が、行間を読むことの上に積み重なることになる。

Between the lines

さて、アメリカ人も、日本人程度かそれ以上には行間を読めるのであるが、ヨーロッパからはちょっと下に見られており、行間を読む力はさほど高くないという評価になっている。これを日本では鵜呑みにしてしまい、アメリカ人は力技で直球勝負であるかのように解釈する節がある。

これは明らかにアメリカ人に対して過小評価である。大金をかけた時のアメリカ人のポーカーフェイスは、ヨーロッパ人に勝るのではないか。さればこそ、ビジネスで世界の勝者になれるのである。

フランスでは、文学作品でも行間を読めという。情景を思い浮かべるとか、そういうことよりも、本心を見抜くことが求められる。主人公は本当はどのような人物で、何を求め、何を実行したのか、徹底したリアリズムで追求するのである。

国語力とは、どのような力のことか。ヨーロッパでもアメリカでも、文章からどれだけ正確に情報を汲み取り理解できるか、が国語力である。話し手や登場人物の生い立ちや環境から、ありうべき現実的な人物像を想定して、もっとも的確なメッセージを読み取ることが目的である。

日本人がのどかに「太郎さんが一番美しいと感じたのは何ですか?」などと設問してるうちに、日本以外では「4人の登場人物の主張をそれぞれ要約して、あなたなら彼らの意見対立をどのように解決しようとしますか?」のような設問をしているのである。

日本人の言う行間

日本人は、相手が悪意を持っていたり意図を隠しているような場合には、なかなか本心を見抜けなくて、いいように振り回されてしまう。(もちろんそうでない人もいます。)

日本人の行間を読む力には疑問があると冒頭で書いたが、相手が心地よく過ごしているかどうかを読む力はかなり高いのではないかと思う。

しかし、相手が寛いでいるか、快適に過ごしているか、といった観点では、相当に高いレベルで感応する能力を有しているように思う。感応しすぎる面もあるかもしれない。

このように、日本人の持っているホスピタリティ、いわゆる「おもてなし」の力は大変に優れていると思う。

日本人の行間を読む力はホスピタリティだけじゃない

善人で騙されてしまうけれど、手厚くもてなすことのできる国民とは、まあ何て愛らしいことだろうか。実際はそこまでではないけれど、そんな、利他的な国民性があったっていいじゃないか、と逆に思う。

日本のマナーに反する行いをする人がいても、それが外国人だと許してしまうことが日本では多々あり事例に事欠かない。都市のルールというものは国籍を問わず平等であるので、ヨーロッパであったならば、多少の情状酌量があったとしても、大きな区別はしない。

思うに、人を騙す国民であるよりも、まだ騙される国民である方が良い。と、そんな風に多くの日本人が感じているのであれば良いけどなぁと思う反面、ただ騙されすぎるのも、ちょっとどうかと思うのである。

(作成:2017年2月16日)
(更新:2021年1月23日)


関連記事:
・「日本語の「くすむ」とは
・「東京弁の人を確実に見分ける方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください