東京弁の人を確実に見分ける方法

自分では江戸っ子のつもりでいる。江戸っ子は東京弁を使っているのだけれど、ほぼ標準語に近いと思っている。

ところが最近東京にいても周囲の言葉が大分変わってきたように感じる。

江戸っ子言葉と標準語

もちろん言葉はどんどん変わるけれど、1867年のパリ万博の少し前に録音された江戸の町の女性の声が録音された音声を聞いたことがある。

驚いたことにテンポも早くてイントネーションも言葉の感じもまったく違和感がなかった。落語の女将さんの言葉とほぼ同じだった。

ああ、別に昔だからと言って、話すスピードがゆっくりだったわけではなかったのだな。平安時代の文学を研究している某教授の話によれば、平安時代の人と今ここで出会って話しても普通に話ができるし困ることはないのだそうだ。文法も言葉の意味も大きくは変化していない。

もちろん、現代の人が平安時代になかったものをカタカナや英語で話しても通じない。今、上に書いた「テンポ」「イントネーション」はもちろん、漢語も外来語でほぼ通じない。ほとんどは平安時代より後に日本に入って来ているものだからである。

さて、1800年代の女言葉が、つい、そこの浅草の言葉とあまりに同じだったことを喜んだわけだが、これは別に驚くには当たらない。話し言葉というのは、新しい言葉が次々と生まれてくるけれど、基本の文法は変わらず、文脈の根幹をなす語彙の意味は大きく変化することはなかったのだ。実は一番変化しないのは話ことばなのだ。

日本語のアクセント

さて、日本語は英語とは異なって、アクセントというものは強弱にはあまり意味がなくて音程の高低が意味につながるようになっている。

音の高低を文字ではうまく表現することはできない。日本語のアクセント辞典ではいろいろなパターンに分けている。

まず「こんにちは」、これは関東の発音を想定していただきたい。

言葉の最初は低くて第2音節から高い音になる。第2音節以降は音程にも強弱にも変化は全くなく、平板な発音となる。

次は「4月」。カに半濁点みたいな丸が付いているのは、鼻母音を表している。音の高低は「こんにちは」と同じで、音の出だしが一番高いことはないということが重要である。二月も同じ発音をする。

本当を言うと、この鼻母音がないだけでも、ものすごく強い違和感がある。またその逆になってしまうが、鼻母音を練習する地方の方々は、ほぼ100%やりすぎである。普通に「ガ」と言えばよろしい。(鼻母音については後述)

 

2月や4月のアクセントが頭高型は東京弁ではない

「四月」と言う時に、「し」が一番強くて高い音の人は、東京弁ではない。「シガツ」と言って欲しい。「が」が一番高い音となるのが東京の発音だ。標準語も同じである。(政治家や学者等は業界の特徴として、語頭にアクセントを置いて、強く高く発音する人が結構多い。)

困ったことに、神奈川、千葉、埼玉に「がつ」と発音する人々が多いのだ。逆に少数派になってしまっている。今や味方はNHKアナウンサーだけになってしまった。なんとかして味方を増やしたい。

がつ」とか「がつ」言われると、ものすごくイライラして、心臓が痛み出して、気持ちが悪くなる。落ち着かない気分になるのだ。

 

鼻母音について

鼻母音というものが何かをまず確認したい。フランス語の鼻母音ではない。フランス語の鼻母音はかなりの空気を鼻から抜くのが決まりである。そもそも日本語ではないのだ。

ところが、こちらは日本語の鼻母音なので、鼻から空気を出すものではない。日本語には鼻から空気を吐き出すような発音はない。全く冗談ではない。

日本語の鼻母音を正しく習ったことがあるという人には滅多にあったことがない。日本語の最先端の知識ベースであるNHKにおいても時々間違ったことを喧伝している時がある。

普通に、というか少し強めに「あっ!」「いっ!」「うっ!」「えっ!」「おっ!」と発音する。その時に、鼻の真ん中を手で軽く押さえて、ビリビリと震えるかどうかを確かめる。

近頃の人は「あっ!」と音を発した瞬間に、ビリビリっと震えてしまうのではないだろうか。震えた人は、オペラ歌手をイメージして、澄んだ音で頭のてっぺんから音を突き抜けて出すようなイメージで、高い声で「あー」と出してみてほしい。

鼻のブルブルっという細かな振動が止まっただろうか。お分かりでしょうか? 「あ」と言っただけで鼻母音を出している人が多いようだ。

では次に「が」と言った時には意外にも、鼻の振動が少なくなる。これは誰でもみなそうなるので通常の反応だ。「ga」のg音を出すために息を溜めるので、一気に空気が出る。ゆっくりと長く発音するフランス語の鼻母音とは異なり、「ga」は一瞬の間に空気を外に出さなければならない。

「んが」というように二音節のようになってしまうのは、江戸っ子的にはちょっとやりすぎで、それでは逆に東京弁ではないことを強調してしまう。これではまるで、英語の鼻母音である。発音記号も実はあまり正確ではなくて、英語とフランス語で同じ記号を使っているが、実際の発音はかなり異なる場合が多い。日本語の鼻母音は英語やフランス語とは異なるのである。

現代人は、日常的に鼻母音を混ぜている人が多いようで、そういう場合は、鼻母音ではない発音をきちんとはっきりと発音できるようにすれば、残った音が普通に鼻母音になるのである。

だから、大抵の人は鼻母音を練習する必要はなく、鼻母音ではないストレート音を綺麗に発音できるように練習することをが肝要である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください