自転車のマナーが大変に悪い!交通ルールを知っているのか!

普通の自転車の話である。エンジンの付いていない自転車のことだ。おおよそ「歩行者」の立場と「自動車の運転者」の立場で書いている。

自転車のマナーが大変に悪いと感じることがものすごく多い。マナーだけでなくて、交通法規にも反していることが多々ある。マナーが悪いのは大変に不愉快である。そもそも、交通法規を守っている自転車はいるのか? 100台に1台もいないのではないか?

自転車のマナーが最悪であること!

ここから自転車の悪行を列挙して行きます。

全く、歩行者のつもりか!

自転車の人、まるで歩行者のつもりで自転車に乗っているようだ。

なぜって? 歩行者じゃないんだから。わかるでしょ。自転車に乗っているでしょ。信号のない横断歩道で車にとまってもらえるのは、歩行者だからである。自転車は、車両なんだから、優先道路に従わなきゃいけない。軽車両として、道路交通法にしたがって、きちんと運行しようよ。罰金だってあるんだし。

停止線を無視して全速で突っ切る!

交差点の信号待ちなどでは、自転車は停止線で止まらなければいけない。停止線では、きちんと停止してするように。だがしかし、停止線で停止している自転車を見たことがほとんどない。歩行者と一緒に前に出てはいけない。停止線って、知ってますか〜?

一時停止しない!

一時停止の標識があったら一時停止しなくてはいけないのだ。標識ではなくて、道路に白い線があって、「一時停止」と書いてることもある。どちらの場合も守らなければいけない法律なのだ。

しかし、そもそも一時停止を知らない人が多数いるようだ。少しもスピードを落とすことなく、左右も見ずに突っ切る人がたくさんいる。おおよそ9割以上の人が、一時停止を知らないか、あるいは知っていても実行しない。全く、許しがたい!

危険運転!

・歩道で超スピード。これは歩行者に対して危険行為。
・車道を走っていて、いきなり右に進路変更してくる。止まっている車を避けるとか。これは自転車にとっての自殺行為だけれど、全てが自分中心だ。後ろから来る自動車が完全によけてくれると思い込んでいる。危険極まりない。

右側通行している!

自転車は車両なのだ。クルマなので、左側通行しなければいけない。男も女も老いも若きも、左右が分からなくなってしまったのか。嘆かわしいことだ。

一方通行を逆走!

これは「自転車を除く」と表示があれば違反ではないのだが、だからと言って暴走して良いわけじゃない。一方通行を逆進して、しかも高速で走ってくる自転車があるとは道路交通法上は全く想定していないので、逆走車自転車を見えるようにするための自動車の運転車向けのミラーは付いていないことが普通だ。

車から見ても、一方通行を逆走してくる自転車は大変に危険なのだ。

また一方通行を知らない親が、子供に間違った手本を示してしまうことも多い。無知を再生産してしまうとは悲しいことだ。

信号無視!

なぜ信号を無視して進むのだろうか。命知らずだな。何のために信号が発明されたのか知っているのか。赤信号を減速せずに一気に突き進んで通過する、この無謀なほどの勇気は一体どこから来るのか?

一方通行で逆走しながら、一時停止しない!

一方通行の自転車の逆走は、全ての交差点で確認しなければならないのだ。
車は交差点で停止しないで進むのに、自転車は停止線の無い逆側から一方通行を逆走してくる。

自動車が相互に確認するためにミラーが付いている。一方通行を逆走してくる人のためにはそもそもの初めからミラーが付いていないのだ。

夜に、無灯火の自転車がミラーもないところから、一方通行を逆走してきて、ノンストップで交差点に突入してくる・・・ああ、なんと恐ろしいことだ!

車とぶつかっても大体は自動車の運転者の注意義務違反が先に問われることになる。強いからであるが、本当に強いのはどっちなのか。

信号無視して、交差点に乱入して、交差点を斜めに走り切る

車に乗って、赤信号で交差点で止まっていると、左側の路側帯から来た自転車が赤信号であるにもかかわらず、交差点を斜めに右折するように横断していくことがある。

本当に無事に走り抜けて、良かったとも思うのだけれど、その自信は一体どこから来るのか? 目の前で事故などを起こされるとたまったものではない。体に悪いのでやめてほしいと思う。

赤信号で左折はできません!

不思議なことに、自転車は赤信仰の交差点にブレーキをかけずに入ってきて、そのまま走っていくのである。なぜに、こんな自信に満ちあふれた勇壮な感じで信号を破って行くのだろうか。

赤信号の時は、交差点に入ってはいけないのだ。にもかかわらず、信号は全く無視した状態で、スーッと入ってきて、左折するのが当然の権利のように思っているように見える。これは全く理解できないのである!

あっ!子供を乗せたお母さんも!危険な幼児教育!

幼児教育である。赤信号でもスピードを落とさずに直進、右折、左折する自転車に乗って育った子供たち。彼らは、間違いなく、赤信号を突き進んでいく人に育つだろう。

自転車の交通違反

交通違反になることを教えてあげたい。今までは、取り締まりによって実際に違反になることはあまりなかったようだが、データによれば少しずつ増えてきている。今後も事故が絶えないので、取り締まりも強化されると思われる。

スマホ(ながら運転)禁止

通話するのはもちろん禁止。携帯やスマホを操作するだけでも禁止。運転に集中できなくて危険だからだ。自動車の運転では以前より禁止されている。スマホの使用は罰則があるが、さらに交通の危険を生じた時はより重い罰則がある。

【道路交通法第71条】<3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金>
これは2019年11月まで。法改正されて2019年12月からは<1年以下の懲役又は30万円以下の罰金>となる

イアホンやヘッドホンは禁止

これも集中できなくなるからだ。

【道路交通法第71条】<3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金>

右側通行禁止

説明不要かと思う。自転車は車なので、左側通行だ。

【道路交通法第17条】<3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金>

一時停止無視

自転車は、ほぼ自転車と同じに一時停止が必要だ。赤信号ですら誰も止まらないのに、一時停止で止まる人は見たことがない。小学生、中学生、高校生、大人とも、誰も止まらない。

【道路交通法第43条】<3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金>

一方通行無視

一方通行を無視している人は、本当に多い。自転車で守っている人がいないのだ。「自転車を除く」や「軽車両を除く」と表示されていなければ自転車も対象になる。

自転車が対象外である場合は多いのだけれど、自転車が一方通行を逆に走っていた先には、ミラーがなかったり、前方が優先道路なのに一時停止の標識がなかったりするので、大変に危険なのだ。

ここはマナーだけでなく、道路交通法にも改善の余地があるのではないか。自転車があまりに高速なので、自動車も一通を逆走して来た自転車を見てからすぐに止まることが難しいとか、ミラーがなくて見えないとか、事故の原因になっていることが多い。一時停止と一方通行に関わる事故は多い。

【道路交通法第8条】<3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金>

自転車の無秩序な運転には、目にあまるものがある。
皆さんも気をつけてほしい。そして、指導もしよう。

知らない人もいるから教えてあげると良いと思う。

自転車にも厳しい取り締まりや反則が課される日も間近に迫っている、

と思いたい。

そして、自転車の取り締まりがほとんどされていないことも大問題である。これだけ多くの事故を起こしているのだから。

 

次へ「自転車のマナーが大変に悪い!横断歩道は歩行者のもの!」

3 Replies to “自転車のマナーが大変に悪い!交通ルールを知っているのか!”

  1. 自転車は歩行者ではないので、横断歩道を走ってはいけないのですね。
    歩行者が横断歩道を渡るときは、自動車は必ず歩行者を優先するようにしないといけません。
    でも、自転車は歩行者ではないので、そのような権限は得られません。
    自動車同士の優先度がそのまま維持されるので、自転車は自動車が通過するまで待っていなければならないのです。

  2. 激しく同意です。私は8月29日の通勤時間に暴走自転車に乗った男に執拗に絡まれて、怖い思いをしました。そいつはイヤホンをしながら植物園付近の歩行者専用道路を猛スピードで飛ばしていました。警察はこういう奴等をまず取り締まってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください