蝶の飛び方を高速撮影してスロー再生

かねてより「蝶は飛ぶのが上手い」というのが、私の主張であり、私は蝶の弁護人である。蝶は好きなので、捕まえたり、殺したりはしない。ただ眺めるだけだ。

「蝶は飛ぶのが上手い」という証拠となるビデオを撮影したので、ご覧いただきたい。高速撮影した動画をスローで再生したものである。ご覧ください。

実際の8分の1くらいのスピードになっていると思われる。40秒ほどの短い動画だけれど、実際にはたったの5秒。

フランシス・プーランクの「3つのノヴェレット」の1曲目ハ長調を我が家のベヒシュタインで弾いて、BGMにしました。

動画はすぐ下をクリックしてください・・・

蝶は、もっと草の密集したところでも、草にぶつかることもなく、通り抜けて行くことができる。羽ばたかずにグライダーのように滑空すると結構なスピードが出る。羽が大きいので急なターンもできる。

トンボの飛び方もそれは格好の良いものである。蝶の飛び方は優雅である。トンボと蝶のどちらが良いということではなくて、とにかく違うのですね。

英語のbutterflyというのも、魔女が化けてバターをかすめ取って行くという迷信が由来となっている。


関連する過去の記事:
・「アゲハチョウが僕に近づいてきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください