トイレットペーパーの秘密!ダブルとシングル・香り付きと香り無し?

トイレットペーパーには、ダブルとシングルや、香り付きと香り無しなどの種類がある。どういう違いがあるのか。何を基準にして選んだらよいのか。

トイレットペーパーの製法について

まず、トイレットペーパーの製法をざっと見てみる。トイレットペーパーも他の紙製品と同じく、パルプを原料として、新しいパルプ材もしくは再生紙原料から作られる。通常の紙とは異なるのは、柔軟剤を入れて仕上げられることだ。これはティッシュペーパーも同じだ。

紙に柔軟剤というと耳慣れない感じだが、トイレットペーパーも繊維なので、洋服と同じように柔軟剤を入れることでふわっとさせることができる。柔軟剤というのは、主に陽イオン性界面活性剤が使われている。(陽イオンのことをカチオンというので、カチオン性界面活性剤ともいう。)

陽イオンの反対は、陰イオンでアニオンという。陰イオン(アニオン)性の界面活性剤というのは、洗剤やシャンプーなどである。石鹸も界面活性剤の一種である。陰イオンの活性剤には洗浄効果がある。

一方、陽イオンの界面活性剤は、洗浄効果はなく殺菌力などがある。リンスや制汗剤に用いられるものも陽イオンの界面活性剤が使われている。石鹸とは逆のイオンになっているので、逆性石鹸という言い方もする。皮膚に刺激性がある薬品が多い。

パルプ系の原料に柔軟剤を混ぜ、原紙を作り、裁断して、ミシン目をつける。これを円筒状の厚紙のロールに巻きつけてトイレットペーパーが作られるわけである。

トイレットペーパーの表と裏?

紙には表と裏がある。習字で使う半紙は表がツルツルで裏がザラザラになっている。ノートの紙のように表も裏もツルツルになっているものもあるが、基本、紙には、表と裏があり、縦目と横目がある。

トイレットペーパーにも表と裏があり、注意深く触ると判別することができる。シングルのロールペーパーでは巻いてある外側が表で、内側の芯がある側が裏になっている。触ってみると、表側は少しつるっとしていて、裏側は少しザラっとしている。

シングルのトイレットペーパーがあれば、表と裏を触ってみてほしい。ではダブルのトイレットペーパーの場合には、どうなっているのか、と疑問になる。

ダブルとシングルの違い

表がつるっとしていて、裏がザラっとしているのは、実はトイレットペーパーのシングルの話なのだ。ダブルでは、両側が表になるのように反対向きにより合わされて巻き上げられている。表と裏が交互になるように合わさっている。

摩擦抵抗の強い裏面が合わさることで、ダブルのペーパーとして合体する力となっている。とはいえ、表と裏の摩擦抵抗だけではダブルの合体を維持できず時々剥がれてしまう。

同じメーカの同じタイプのトイレットペーパーのロールである場合には、シングルで60メートルだとダブルでは30メートルになっている。1.5倍巻きで90メートルのシングルロールでは、ダブルにすると45メートルという具合だ。

ダブルの場合も、通常は紙の厚さは同じで、表裏が逆で合わさっているだけである。

トイレットペーパーの経済性について

シングルを使い慣れている人が、期せずしてダブルのペーパーを巻き取ろうとすると思いの外、多くの紙をとってしまい、分厚くなってしまうことがある。逆に、家でダブルに慣れている人も、職場の事務所や公共のビル等ではシングルが一般的なので、ダブルスタンダードで慣れているようだ。ダブルに慣れていても、また追加で巻けば良いだけなのでリスクはない。

何かといえば、これは経済性の話で、ダブルの方が一回あたりの使用量が多いという。研究データを探したが見つからなかったので、今度正確なデータを取ってみたいと思う。そこまでしなくても、ネットにおける知識ベースによれば、1回の使用量は、シングルでは1.2メートル、ダブルでは0.7メートル掛ける2倍で1.4メートルという。

ヒトは、重量を測る感覚よりも長さを測る感覚の方が優れている。そして、目で見えないものよりも目で見えるものの方が細かに把握できる。そしてトイレットペーパーの分量を手で量りとるのはものすごく困難な仕事である。

ダブルは消費量が多くなるので、「メーカーはダブルを売りたい」ということは間違いがない。

でも、ただダブルが儲かるということだけではなくて、ダブルはどちらも表なので、どちらに巻き取っても柔らかい表面が外に出るという効果があるのだ。

トイレットペーパーのホルダーへの取り付け方

スペインやポルトガル、ブラジルなどラテン系の地域では、ペーパーホルダーに紙を切る用途を兼ね備えたカバーが付いていないことが多いので、ペーパーをどっち向きに入れても問題がない。紙が手前に垂れるようになっていなくて、奥の方に下がっていることも多い。

紙が奥に垂れるようになっているロールのセットの仕方を、家ではブラジル・スタイルと呼んでいた。私の母がブラジル育ちで子供の時はそうだったと言ったからだ。でも今となってはブラジルの人から苦情が来るかもしれないので、新しい用語を当てなくてはいけないだろう。

トイレットペーパーの取り出し方

ペーパーを取り出すときは、多くの人が紙を手前から上に持ち上げて、上から奥へ回して、巻き上げていくようである。つまり、トイレットペーパーを日本での通常の方式(手前に紙が垂れるよう)にセットして、車輪が前へ進むように巻いていく。

このようにすると、シングルのトイレットペーパーの場合は、裏のざらっとした面が表に来るようになる。

ざっくりした感じが好きな人は、この巻き取り方で良い。逆に、つるっとした感触が好きな人は、手間に釣り糸を手繰り寄せるように巻き取っていくと良い。

ただし、トイレットペーパーをブラジル・スタイルでセットした場合は、車輪が前進する巻き取り方で取った時に、表面が外に来るのである。実に奥が深い。

ミシン目について

ラテン系のトイレでは、ペーパーホルダーには蓋が付いていない。言うまでもなく、蓋は紙を切る用途を兼ねている。蓋がないので、人々はトイレで紙をちぎって取るのである。

その時に、紙が前に垂れていようと奥に垂れていようとどちらでもよくて、前進車輪で巻き取ろうが、釣り糸手繰り寄せ型で巻き取ろうが、それもどちらでも良いことである。しかもそんな些細なことに文句を言うような器の小さい人はいないのである。

逆にミシン目が付いているのに、カッターなどいらないではないかと言われる。現代ではほぼ世界中のトイレットペーパーにはミシン目が付いているのだ。なぜが蓋がいるのかと言われると逆に答えようがない。

香り付きと香り無しについて

トイレットペーパーには、香りがつけてあるものと香りのないものがある。香りがあるのは、もともとはトイレの芳香剤のニーズをトイレットペーパーでカバーしようとしたものである。

香り付きは、実は紙に匂いがつけてあるのではない。製造工程で、ペーパーの芯に香料を染み込ませている。後から紙を巻いて、ビニールで包装された後に、その中でこもった香りが紙に染み込むという仕組みだ。

「香り付き」と「香り無し」があって、同じ値段だったら1990年代であれば、同じ値段だったら香り付きが安くて良いと思っただろうけれども、今はレス・ケミカルの時代なので、薬品が少ないほど売れる。

香り付きのトイレットペーパーは、芳香剤としては不十分だし、不十分なら無しで良い。

これからのトイレットペーパー

トレンドとしては、同じ機能であれば薬品の少ない方を選ぶ消費者が増えていく。今、メーカーが香り無しに積極的に誘導していかないと香り付きを最後に作っていたメーカーが損をすることになるだろう。市場では香り付きが圧倒的なメジャーであるので、香り無しを探すのに苦労するので仕方なく買っている人も多い。

今では、ほとんどのトイレが水洗になって、悪臭を放つトイレは激減した。逆に、香りに対しての刺激や柔軟剤のアレルギー等で不調を訴える人も増えている。公害ならぬ「香害」という言葉も一般化した。

香り付きである必要はもうないのではないか。香料の分だけでもメーカーはコスト削減できるのではないか。しかも、「環境に配慮」と謳えるのである。香り付きを止めても、誰も損しないどころか、メーカーも消費者にもメリットがある。


関連:
・「心豊かな生活とは何だろうか?
・「テレビを見ないという選択

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください