心豊かな生活とは何だろうか?

質素で豊かな生活というのは、日本人にはわかりやすい言葉だと思う。世界的に言えば、質素とは貧乏のことで、豊かな生活と言うとお金持ちの生活のように捉えられてしまう。「質素で豊かな生活」というのはもっと別のものである。

心豊かな生活とは?

質素で豊かな生活というのは、一般化して言えば、「物質的には多くを持たないけれど、社会的・文化的な価値と接することで、精神的な豊かさを得て、生活を楽しめる」ことだと言えば、説明は堅っ苦しいけれど、おおよそ意味の通りが良い。

突然ですが、これはすき焼きの写真である。かといって何か特別のものがあるわけではありません。

このフライパンもとても長持ちで、小さな鉄鍋だが、コーティングされていないので、何度でもガリガリと洗えて劣化しない。妻と結婚した時に買って、もう20年経ったが、全く衰えがない。

もちろん、衰えないのは鉄鍋のことである。当時はちょっと贅沢した気分で買ったけれど、今思い返せば2000円程度のものであった。池袋で買ったのだ。鉄鍋本体も柄の部分も健全である。

鉄のありがたさ

鉄のフライパンはこんなに便利で長持ちなので、使わない手はない。では寿命の短いテフロン加工の鍋を使わないかと言えば、もちろん使う。焦げ付かないからだ。これもバランスである。

鉄のフライパンで餃子を焼くのは、コツを知らないと難しいものである。どうしても餃子がフライパンにくっついてしまって、皮が破れてしまう。それはこっち→「餃子のおいしい焼き方(鉄鍋の場合)

それでも鉄のフライパンは大概においては、優秀であって、美味しく調理ができるのである。やはり文字どおり「テッパン」である。

感謝すること

鉄は地球でもっとも多い金属であり、海水にはもちろん、人間の体内にも鉄はたくさん溶けている。鉄がないと人は生きていけないのだ。道具として、という意味だけではなく、そもそも鉄がないと貧血で倒れてしまい、呼吸もできなくなってしまう。

さて、鉄のフライパン程度の支出でも、そこそこ豊かな気持ちになれるものである。そして何かを大切に育てること、そしてその気持ちの持ち方が重要なのだ。

鉄を地球にたくさん作ったのは、宇宙の何かであり、それは神様かもしれない。こういう知識を調べて蓄積してきたのは、先人たちである。まずはいろいろなもの、こと、人に感謝することから始めるのが大切だと思う。

心の豊かさは、楽しむ心

こうして楽しい方向に進んでいくことが、やはり大切なのだと思う。仕事や学校でもストレスが多く、SNSではみんなが様々な自慢をしていたりして、ちょっと妬みっぽくなっている。地味で質素なことはとても大切だ。

お金や地位やプチ贅沢体験などを自慢したところで、その場では虚栄心が満たされるかもしれないが、虚栄心というのはこれも煩悩そのものであって、ちょっと虚栄心が満たされれば、さらにもっと大きな欲が出てくるのが常である。

目先を変えれば、音楽や本も旅行も買い物や料理も、生活を豊かにしてくれるものだ。自分一人で楽しめるものは、楽しんだ瞬間に、それだけで自分にとって豊かなことなのである。自慢したいとか、高いものだから嬉しいとか、そういうのが煩悩だ。

なぜ自分が楽しめるのかと思えば、それは恵まれているからに他ならない。洋服を着て、食べるものがあり、住む家があるということ。まずはこのことを感謝して、それから次のアクションを考えることになる。

断捨離はしない

いろいろと買い込みすぎれば、生活がうるさくなるようだけれど、そういうことも気にしない。断捨離もしない。断捨離などしない方が良いと思う。どんどんと混沌にまみれて行ったとしても、それはそれで良いではないか。

死ぬ時になって、複雑なもの、得体の知れないもの、ごちゃごちゃと散らかったもの、本の山などがなかったら、どれだけ寂しいことかと思う。その時には、家族や親戚だってもういないかもしれないのだ。それならば、学生時代から何度も読んだ本とかが手元にあったほうが良いに決まっている。

人は死ねば個人的なものは何も残らない。遺族が、記念になるちょっとしたものを取っておいたりするけれども、ほんの少しだけだ。いろいろなものが残されていて、謎があった方が何だか楽しみではないか。

人生の後半になって、誰か他の人のことを頼りにして、断捨離をしてはいけない。

テレビは見ない

人に踊らされるのもできれば避けたい。人は人、自分は自分だ。家ではテレビはやめた。→「テレビを見ないという選択

テレビは、あまりにも制作者の意図のままに踊らされてしまう。〇〇の3つのポイント、たった3行のメッセージを知るために、30分もかかってしまう。時間も無駄だし、情報も偏っているように思う。

テレビの畳み掛ける反復情報、笑いやツッコミなどのトークの刺激は、あまりにも強い。ゲームもやめよう。

人は何かにこだわりすぎるとそれがストレスになってしまう。日常の出来事や発見した事の中から、ひっそりと楽しめるテーマを見つけていけたら良いのである。

バランスを意識して、物事を見ていれば何かを盲信することもなく、また世の中の様々な悪に騙されにくくなるだろうと思う。→「災害もバラエティーにしてしまうメディアに意義あり

贅沢をすればいずれは貧してしまう。資金はいつか尽きるものである。継続的に稼ぎ続けられるのであれば、それは結構なことなので良い趣味になるよう品が上がるように目指していけば良い。

教養を高める→心の栄養

教養というと大げさであるが、本を読んで勉強することである。「美術館に行って良い絵を見ました」「コンサートに行って良い音楽を聴きました」というのは、教養を高めることもあるけれど、これらの行為がダイレクトに教養を高めるわけではない。

そもそもなぜ教養が必要なのかというのも唐突だったかもしれない。心を豊かにするのは、やはり「自分で感じたこと」と「自分で考えたこと」が力になってくる。

世界では教育を受けたくても受けられない人が多くいるのだと知っても、それだけではピンとこない。日本では教育を受けられることが当たり前だからだ。

例えば、「教育を受けられない人って世界で何人くらいいるのだろう?」とか、「読み書きができない人は世界で何人いるのだろう。とか、疑問を持った時に、自分で調べてみると、自分の知識になる。

さらにその理由を考えて調べていくと、それは自分の教養になる。そう、今までにも小学校から高校、大学に至るまで、そういう練習をしているはずだ。

ふと疑問に思ったことを心に留めておく

疑問に思ったことを心に留めておければ良いけれど、メモもした方が良い。それは自分の心が向かっていく先を表しているから、メモをして蓄積した方が良い。

いつ何を感じたのか、何を考えたのか。それを記録することはとても大事だ。もちろん、学者でもない、哲学者でもない、評論家でもない。大したことは考えていないものだ。

それでも思ったことを連ねていくと、そこには何らかの軌跡があって、方向性もあるように見えてくる。

ふと思ったことというのは、知識についての気づきであったり、自分の気持ちであったり、あるいは将来についての直感であったり、多様なメッセージがある。自分の世界観が作られていくだろう。

自分の言葉で

いろいろな気づきがあって、気持ちがあると、それを表現するための「言葉」が重要になってくる。言いたいことが複雑になってくると、簡単に説明することが難しくなってくる。

何よりも自分の言葉で、いろいろなことを蓄積していくと良い。自分の人生を語るのは自分の言葉しかないのだ。他人の受け売りで、趣味や健康や音楽体験などを共有しても仕方がないことだ。

自分の活動を日誌にすると良いかもしれない。活動記録みたいに、どこで何をしたのか、何をして、何を見たのか、何を感じたのか。単調な記録になっても良いのである。

自分の言葉の蓄積が、自分を助けることになるはずだと思う。

幸せは自分の中に

経済的には豊かになったとされるけれども、社会はどんどんと複雑になり自分が幸せでないと感じる人も多い。不平等が広がっているからだ。

社会的な不平等は、経済的な不平等をもたらす。不平等に対しては、既得権者とその他の人々との溝は自然に埋まることはない。格差は広がっている。

不平等は社会が原因で国家の責任だと思う。ただ「不幸なのは社会の責任」というのは正しくない。社会や経済というものは、幸せを分配する機能ではない。社会や経済は、富と権力を動かすものだ。

金持ちではなくても、贅沢できなくても、幸せになることはできる。金持ちだから幸せだという相関関係はない。外部環境は関係ないのである。なぜなら「幸せは自分の中にあるもの」だからだ。幸せとは心にうちに感じるものだからだ。

感謝の気持ち

幸せが自分の心の中で育てられると良い。幸せはやはり自分の言葉で育つのである。言葉の蓄積は自分を助けることになるはずである。

それもこれもいろいろな人たちのおかげである。両親や先祖といわず、神様や多くの人々への感謝の気持ちを忘れないでいたい。幸せというのは感謝している人の心に湧いてくるように思われる。

本当にこれが一番大切なことだと思う。

 


関連:
・「餃子のおいしい焼き方(鉄鍋の場合)
・「テレビを見ないという選択
・「テータイム、もしくはイギリス的午後
・「晩ごはん – パステーストおせち料理
・「超高齢化社会をどのように生きるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください