心豊かな生活とは何だろうか?

質素で豊かな生活というのは、日本人にはわかりやすい言葉だと思う。世界的に言えば、質素とは貧乏のことで、豊かな生活と言うとお金持ちの生活のように捉えられてしまい、それではこちらの意図が全く伝わらない。

心豊かな生活とは?

世界的に言えば、「物質的には多くを持たないけれど、良いものを少なく持って、高い精神性によって生活を楽しめる」ことだと言えば、説明は野暮ったいけれど、おおよそ意味の通りが良い。

突然であるが、これはすき焼きの写真である。特に何か特別のものがあるわけではない。

このフライパンもとても長持ちで、小さな鉄鍋だが、コーティングされていないので、何度でもガリガリと洗えて劣化しない。妻と結婚した時に買って、もう20年経ったが、全く衰えがない。

もちろん、衰えないのは鉄鍋のことである。当時はちょっと贅沢した気分で買ったけれど、今思い返せば2000円程度のものであった。池袋で買ったのだ。鉄鍋本体も柄の部分も健全である。

鉄のフライパンはこんなに便利なので、寿命の短いテフロン加工の鍋を使わないかと言えば、もちろん使う。焦げ付かないからだ。これもバランスである。

鉄のフライパンで餃子を焼くのは、コツを知らないと難しいものである。どうしても餃子がフライパンにくっついてしまって、皮が破れてしまう。それはこっち→「餃子のおいしい焼き方(鉄鍋の場合)

それでも鉄のフライパンは大概においては、優秀であって、美味しく調理ができるのである。やはり文字どおり「テッパン」である。

この程度の支出でそこそこ豊かになれるものである。そして何かを大切に育てること、そしてその気持ちの持ち方が重要なのだ。

心が豊かであるにはバランスが必要

こうして楽しい方向に進んでいくことが、やはり大切なのだと思う。仕事や学校でもストレスが多く、SNSではみんなが様々な自慢をしていたりして、ちょっと妬みっぽくなっている。地味で質素なことはとても大切だ。

音楽や本も旅行も買い物や料理も、生活を豊かにしてくれるものだ。いろいろと買い込みすぎると生活がうるさくなるようだけれど、そういうことも気にしない。断捨離もしない。しない方が良いと思う。

人に踊らされるのもできれば避けたい。人は人、自分は自分だ。家ではテレビはやめた。→「テレビを見ないという選択

何かにこだわりすぎるとそれがストレスになってしまう。日常の出来事や発見した事の中から、ひっそりと楽しめるテーマを見つけていけたら良いのである。

贅沢をすればいずれは貧してしまう。資金はいつか尽きるものである。継続的に稼ぎ続けられるのであれば、それは結構なことなので良い趣味になるよう品が上がるように目指していけば良い。

教養を高める

教養というと大げさであるが、本を読んで勉強することである。実は、「美術館に行って良い絵を見ました。コンサートに行って良い音楽を聴きました」というだけでは、教養は高まらない。

そもそもなぜ教養が必要なのかというのも唐突であっただろうか。先ほどは精神性と言ったが、心を豊かにするのは、やはり「自分で考えたこと」なのである。

ただテレビで見て、ああ世界では受けたくても教育を受けられない人がいるのだと知らされても、それだけではピンとこない。それは日本では教育を受けられることが当たり前だからだ。

なんでも良いのだけれど、教育を受けられない人って世界で何人くらいいるのだろう。何歳から何歳くらいのことなのか。読み書きができない人は世界で何人いるのだろう。

とか、疑問を持った時に、自分で調べてみると、自分の知識になり、自分の教養になる。そう、今までにも小学校、中学校でもそういう練習をしている。

そして、この「気持ち」と共に大切なのは、「言葉」である。気持ちが複雑で高度になってくると、簡単に説明することが難しくなってくる。

経済的には豊かになったとされるけれども、社会はどんどんと複雑になり自分が幸せでないと感じる人も多い。世の中には「不幸なのは自分の責任だ」とする考え方もあり、このような考えを否定するためには、また別の言葉が必要だ。

ある人が「弱いから、あるいは、劣っているから不幸である」ということを容認する社会に対しては全く魅力を感じない。

ふと疑問に思ったことを心に留めておく

疑問に思ったことを心に留めておければ良いけれど、メモもした方が良い。それは自分の心が向かっていく先を表しているから、メモをして蓄積した方が良い。

いつ何を感じたのか、何を考えたのか。それを記録することはとても大事だ。もちろん、学者でもない、哲学者でもない、評論家でもない。大したことは考えていないものだ。

それでも思ったことを連ねていくと、そこには何らかの軌跡があって、方向性もあるように見えてくる。

ふと思ったことというのは、知識についての気づきであったり、自分の気持ちであったり、あるいは将来についての直感であったり、多様なメッセージがある。

これを別の言葉で言うと、状況把握と分析、目指す方向、チャンスとリスクということになる。

自分の言葉で

何よりも自分の言葉で、いろいろなことを蓄積していくと良い。自分の人生を語るのは自分の言葉しかないのだ。他人の受け売りで、趣味や健康や音楽体験などを共有しても仕方がないことだ。

自分の活動を日誌にすると良いかもしれない。活動記録みたいに、どこで何をしたのか、何をして、何を見たのか、何を感じたのか。それは全て事実であるような日誌である。日記ともいう。

自分の言葉の蓄積が、自分を助けることになるはずだと思う。

同時に、自分が生かされているのは他の多くの人々のおかげであり、また両親とご先祖様のおかげである。感謝の気持を忘れない。


関連記事:

・「餃子のおいしい焼き方(鉄鍋の場合)
・「テレビを見ないという選択

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください