心豊かな生活を

質素で豊かな生活というのは、日本人にはわかりやすい言葉だと思う。世界的に言えば、質素とは貧乏のことで、豊かな生活と言うとお金持ちの生活のように捉えられてしまい、それではこちらの意図が全く伝わらない。

世界的に言えば、「物質的には多くを持たないけれど、良いものを少なく持って、高い精神性によって生活を楽しめる」ことだと言えば、説明は野暮ったいけれど、おおよそ意味の通りが良い。

(すき焼きの写真:白菜と豆腐と椎茸とネギとしらたきが入っています)

さて、このフライパンもとても長持ちで、小さな鉄鍋だが、コーティングされていないので、何度でもガリガリと洗えて劣化しない。妻と結婚した時に買って、もう20年経ったが、全く衰えがない。

もちろん、衰えないのは鉄鍋のことである。当時はちょっと贅沢した気分で買ったけれど、今思い返せば2000円程度のものであった。池袋の東急ハンズで買ったのだ。鉄鍋本体も柄の部分も健全である。

鉄のフライパンはこんなに便利なので、寿命の短いテフロン加工の鍋を使わないかと言えば、もちろん使う。焦げ付かないからだ。餃子も綺麗に焼ける。

というか、鉄のフライパンで餃子を焼くのは、逆にとても難しいのである。どうしても餃子がフライパンにくっついてしまって、皮が破れてしまう。油とか温度とか工夫しても数回に一回くらいしか成功できない。

焼き餃子を作るのはとても難しいので、いろいろと工夫して手順書を作ってみたりもした。こちら→「餃子のおいしい焼き方(鉄鍋の場合)」という。

それでも鉄のフライパンは大概においては、優秀であって、美味しく調理ができるのである。やはり文字どおり「テッパン」である。

こうして楽しい方向に進んでいくことが、やはり大切なのだと思う。仕事や学校でもストレスが多く、SNSではみんなが様々な自慢をしていたりして、ちょっと妬みっぽくなっている。地味で質素なことはとても大切だ。

音楽や本も旅行も買い物や料理も、生活を豊かにしてくれるものだ。いろいろと買い込みすぎると生活がうるさくなるようだけれど、そういうことも気にしない。断捨離もしない。しない方が良いと思う。

何かにこだわりすぎるとそれがストレスになってしまう。日常の出来事や発見した事の中から、ひっそりと楽しめるテーマを見つけていけたら良いのである。


関連記事:

・「餃子の極意
・「ティータイム、もしくはイギリス的午後
・ カテゴリー「今日のご飯」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です