気分が晴れる方法

誰かがイライラと怒っている、とする。理屈では通じない相手だ。そういう時は、心の中で「やーなかぁーんじー」と歌うと気持ちが晴れることが分かった。

これは「 いーけないんだー、いけないんだー、先生に言ってやろー」みたいに、ちょっと嫌な奴になって歌うのが良い。最近言われるように「いい人」を惰性で続けていてはスッキリできない。

別のパターンとしては、「関係なーいもーんねぇー」というのもある。これも心の中で楽しそうに歌うのである。「全然関係なーいもーんねぇー」と続けると効果は倍増だ。元々自分のせいではないのだ。イチローみたいにクールな感じをイメージしながらやると良い。

不愉快なことを自分の外側に置いて、それを冷めた目で眺めることになるのである。心理学的な筋も通っている。

この方法によれば、自分と他者とのぎくしゃくした人間関係やコミュニケーションのギャップを冷静に、第三者的視点で眺めることができるのだ。自分自身を相対化して、自分を含む二者関係を外から嗤う(わらう)のである。(別に難しい漢字を使うまでもなく「笑う」で良い)

わらうことで、自分自身の心の中の余裕を作り出すことができる(わらうは、ひらがなで良かった)。余裕があったので、まだわらうことができたと考えることもできる。余裕がなかったら、どうするかというと自虐的に、何やってんの俺! とつぶやいても良いのだ。

この自虐と先ほどの余裕とはおそらく似たものだと思う。クールな見方と自分を相対化するという意味で似ている。

「いーつか、いーこと、あーるもーんねぇー」いつか、良いことがあるかも知れない。それは今すぐではないかもしれない。でも欲張ってはいけない。全然来ないかもしれない。でもそんなことは「関係ない!」

とにかく、全部を声には出さないで、心の中で歌うことが重要だ。自分だけの秘密にして、ほくそ笑むようにする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください