ピアノ室の防音と換気の問題に取り組む(1)

引っ越す際にピアノ室を作った。いくつか手落ちもあったが、換気については影響が大きかった。

防音室をちゃんと作るためには、普通は200万円以上はかかるようである。それを50万円程度に収めようとしたことで、やはり色々と抜けがあった。

ピアノ室の防音と換気

ピアノ室を防音するためには、換気装置の導入は必要不可欠であることを最近知ったのである。当時は何も知らなかった。

ピアノ室のコストが50万円というのは、中古住宅購入の際の、全体の改装の内数としての明細なので、必ずしも正確ではないかもしれない。

インプラス(二重窓)では、補助金申請ができたために減額につながった。このような減額分もあるので、実際にはもう少し投資をしているかもしれない。ただ、防音専門の業者が入ったわけではなかった。

低コストにして高い防音効果

防音室の性能は、最初の3年間はほぼ問題がなかった。半地下だったことも幸いして、アップライトピアノの音は外からはほとんど聞こえないくらいだった。とても満足していた。防音ドアもピアノのフォルティッシモを完全にシャットアウトできるほどの効果であった。(体感上の表現である)

今にして思えば、D-40くらいの遮音性能が出ていたのではないか。室内の90dbの音が、屋外では50dbにまで音が小さくなるのがD-40という。正確には計れていないけれど。

(*注:その後、簡易的な騒音計を購入して時々計測してみた。音量と騒音計については「音楽を大きな音で聴くことの弊害」参照)

屋外に対しては10センチ間隔で二重に設置したステンレスサッシの窓は大いに効果があり、室内との境の「防音ドア」もいい感じだった。

二重のサッシは、省エネにもなり、結露もなくて超グッド! 壁も厚くなり防音効果もさることながら、断熱効果も大きいようだ。

(改装前は床近くの低い部分の壁にも結露ができていたらしく、黒カビが付いていた。しかし、改築後は、結露は全く発生しない。すごい!)

防音効果って、長続きしないものなの?

ところが、5年経ってみると、防音性能が落ちてきた。室内に向いた防音ドアに密着する部分のいわゆるゴムパッキン的な部分は痛んでひび割れてきた。うむ、これはある程度想像がついていたので、それほど驚かない。(でもちょっと早いかな? とは思う)

問題は、そういう消耗部分ではなくて、壁自体の防音性能が落ちてきたのだ。遮音パネルなのか? あるいは吸音ウールの方がより劣化したのか? 湿気とかで劣化することはあるらしい。

構造は、大体で言うと、外壁があって、内側に吸音ウールがぎゅっと数センチ詰めてあって、その上から遮音パネル(ダイケンのGB01011-S)が貼ってあり、最後は普通の室内用のクロス貼りになっている。壁が厚くなった分、部屋も少し狭くなっている。(他にも薄いボードが入っているかもしれない)

防音性能が劣化したのが大変に残念な感じである。寿命があったのだな。そんなことは全く考えもしなかった。壁はなかなか剥がしてやり直しがしにくい。お金をかけて、湿気などにきちんと対策していたら劣化はやはり少ないのかもしれない。

やはり最大の問題は換気!

もう一つの問題は、換気である。それに気づいたのはずっと後になってからだ。アンディ・ウィアーのSF「火星の人」を読んだ影響で、二酸化炭素濃度計を設置した。その結果、大変ショックなことがわかったのだった。

防音室では、換気装置がないと2時間くらいで二酸化炭素が1000ppmを超えてしまう。2人いると1時間、3人だと40分だ。酸素は、空気中に20%もあるからほとんど減らないのだ。密室では二酸化炭素の濃度が高くなって、頭がぼーっとなったりする。

アーサー・C.クラークのSFの名作「渇きの海」も改めて読み直した。うーむ。やっぱり、二酸化炭素が問題なのだった。30年も前に読んでいたのに教訓となっていなかったのだな。(それは仕方がないと言ってもいいでしょうか?)

二重窓にして、防音ドアにしたために、二酸化炭素がこもってしまって、すぐに生活可能レベルを超えてしまうのだ。一般住宅の24時間換気が義務化(建築基準法の改正は2003年7月1日)される前に建てられた家なのである。

換気装置の設置は、すぐにもしたいのだけれど、この部屋は半地下のせいもあって、窓が大きくて、換気装置の設置がとても難しいのである。窓が大きくてよかったとか、言っている話ではなかったのだ。

窓が北面と東面にあるので、窓を小さくして梁を強くして・・という案もあったのだ。

今も頭を悩ましているけれど、換気の業者さんってなかなか馴染みがないので、ちょっと困っているところだ。それがしばらく続いている。相談する先は、電気屋さんではなくて、リフォーム屋さんになるらしい。

問題と課題と教訓はたくさんあるけれど、ただ一つ救いなのは断熱性能は落ちることなく、真冬の壁も冷たくならないことだ。窓も結露なしだ。(とはいえ、永遠はない。いつか、劣化するのだ。)

いつも換気を見守ってくれる

それはこれ。

我が家の心強い友人である二酸化炭素計である。「今ちょっとCO2高くなりだしたところ」である。今の我が家ではアラーム設定で1500ppmを超えるとピーピーなるようにしている。

家では愛情を込めて二酸化炭素計のことを「ピッピくん」と呼んでいる。

二酸化炭素が一年を通して一番低くなるのは、東京では5月くらいだということを知った。350ppmを下回るくらいになる。やはり一番空気が爽やかなのは、東京では5月なのだ。

次のページへ→「ピアノ室の防音と換気の問題に取り組む(2)


関連記事:
ピアノ室の防音と換気の問題に取り組む(3)
ピアノ室の防音と換気の問題に取り組む(4)

音楽を大きな音で聴くことの弊害

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください