【細幅鍵盤2】ショパンもベートーベンも小さい鍵盤のピアノを使っていた!

前回の記事:「【細幅鍵盤1】幅の狭い鍵盤のピアノ

19世紀には、いろいろなサイズの鍵盤があったのに、それがいつしか、大きな手の人用のピアノが標準となっていったのは、とても不思議なことだ。(→幅の狭い鍵盤のピアノ

ショパンのピアノは今でいう細幅鍵盤

ショパンの頃は、ピアノの愛好者は女性がかなり多く、ショパンも女性をたくさん教えていた。ショパンの音楽は今も昔も女性にも愛される曲である。もちろん男性にも愛好されてきたわけである。

しかし、一部の男っぽいピアニストたちにとっては、ピアノが女性的であると思われるのが好ましくなくガツンと男っぽい骨太なものにしたくなったのだと想像される。

何となれば20世紀の、それも1970年代にあっても(僕の子ども時代であるというだけだが・・・)、ピアノは女の子の習い事という風潮があって、中学校の合唱大会のピアノ伴奏では99%が女子であった。

その時代は、ちょうど日本でピアノが爆発的に普及した時期なのである。ヤマハとカワイでは大量生産に拍車がかかり、国内だけでなく輸出も隆盛を極めた頃であった。

ピアノは19世紀においても女性の好む楽器であったようで、チェンバロもピアノも大変に高価な楽器であり、工芸品でもあった。楽器は、今もそうだが、今以上に高価なものであった。女性はチェンバロやピアノに向かい、男たちはアウトドアスポーツ(狩りや戦争)に忙しくなったのである。

ピアノは男女どちらの楽器か?

楽器には性別などないのだが、ピアノの女性的なイメージをどうしても男の楽器に変えたいと考えた人たちがいて、彼らの思いはドイツの三大ピアノメーカーを取り込む形で進んでいった。

ピアノの男っぽさとは、ピアノが金属フレームを獲得してから、一層強くなったように思うのは、気のせいだろうか。超合金の合体ロボみたいなメタルパワーが実装されたわけだ。ピアノは、まさにそういう世界に持って行かれてしまう。

あるピアノ教師のレクチャーをインターネットで見ていたら、「ショパンの手の石膏像は残っています。それは10度がやっと届く位の大きさでした。ショパンのエチュード1番ハ長調では、ほとんどのフレーズはそのままでは届かないので、手の回転を十分に使って弾いていたことは間違いありません」という説明があった。

手の回転を使っていたのは間違い無いと思うけれど、「ほとんどのフレーズはそのままでは届かない」というのは正しく無い。

ピアノの鍵盤のサイズが今とは違うのだ。今のピアノの方がずっと大きくなっている。ベートーベンもショパンも現代の鍵盤よりももっと小さい鍵盤を使っていたのだ。

だから、10度のフレーズはほぼ白鍵と黒鍵が混じっても全て動かさずに押えることができたはずだ。

細幅鍵盤のピアノを復活させたい!
バロック楽器、バロックのピッチを復活させたよに、18世紀、19世紀の音楽もその当時の楽器を復活させたいと願う。

次の記事:【細幅鍵盤3】バレンボイムの細幅のグランドピアノ


関連記事:
【細幅鍵盤1】幅の狭い鍵盤のピアノ
【細幅鍵盤3】バレンボイムの細幅のグランドピアノ
【細幅鍵盤4】鍵盤設計と鍵盤サイズについて

・「平均律と古典調律とは何か?
・「クラシック音楽の作曲家年表

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください