正しい「うがい」の方法

うがいの基本

嗽(うがい)をするにも正しい方法というのがあって、適当にやっていれば良いというものではない。まず口の中に水を入れて普通にぶくぶくする。

実は、口の中でぶくぶくするのを延々続けることが大切なのだ。強い水流を起こして歯と歯の間に圧力をかける。

この時に注意するのは、喉の方に水を入れないことである。口に中に入ったウィルスや雑菌の方は、まだ奥に入っていない。飲み込んでしまえば、唾液で流され胃液で殺菌される。

これは基本的な道理であり、このように事が運べば問題は起こらないのである。問題は、食べたり飲んだりしていない時に、喉に付着したウィルスは悪さをするということである。普段から唾をごっくんと飲んでいれば喉に良いということだ。

喉へ水を近づけるのは中途半端

このように、体に入るウィルスがすべて悪い結果を及ぼすわけではない。それは多くの人が経験的に理解されているところであろうと思う。

かくして、風邪のウィルスは胃液には勝てないのである。だ液が沢山出てどんどんと飲み込んでいればノドにウィルスは付着しにくいのだ。

というわけで、口の中に入ったウィルスは、喉に入る前にまずそれを洗い流すのが良い。うがいして吐き出してしまうのが良いのだ。

歯にも良いし、風邪の予防にも良い。ぶくぶくして、水を吐き出して、それを何度も入念に行う。

ただし、最初にやってしまうと、口の中のいろいろなものが喉の前面にちょろちょろと接することになる。喉はうがいでは洗えない。飲み込む前が半分で、飲み込んだ後が半分である。

口の中が雑菌とウィルスだらけの時にそれをわざわざ喉に運んであげるのは、雑菌とウィルスを繁殖させることにしかならないのだ。

あくまで喉は「お好みで」

口の中がすっきりしたら、それからやっと「お好みに応じて」普通に喉のうがいをしてもよい。

喉のうがいは特別に問題のない時はやらないのが良かろう。

中途半端なうがいは、ちょうど喉に近いところまで雑菌やウィルスを運んで行ってしまうことになる。

飲み込まないのであれば、あまり喉の方まで水を運ばない方が良いのである。

*上記内容は個人的な見解であり、科学的な研究成果に基づいたものではありませんので、ご注意ください。


追伸:

内容は異なるが、他に書くところもないので「喉つながり」でここに書くのだけれども、地元で信望の厚い耳鼻咽喉科のドクターによると、唾をごっくんと何度も飲む練習をすると、誤嚥(ごえん)しにくくなるのだそうだ。

注意:本稿はあくまでも個人的な見解であり、科学的な研究に基づいた客観的なものではありません。


関連記事:「良い歯磨きの方法について(私の方法)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください