何だか気持ち良くない言葉「きちんと」「きっちり」「しっかりと」

仕事の場面では、日々、様々なプレゼンを聞く機会が多い。本当に人それぞれのスタイルがあるものだと思う。プレゼンの良し悪しを、上から目線でどうこう言おうという話ではない。

「きちんと」「きっちり」は気持ち悪い

プレゼンの中で、管理部門的な人は「きちんと」「きっちり」という言葉を使うのが好きである。一方、成績の良い営業マン、まともなビジネス感覚のあると思われる人はあまりこのような言葉を使わないようだ。

この言葉は、今の総理大臣のアベ節そのまんまである。まともなビジネスマンは総理大臣の口真似をしない。元は総理がビジネスマンの真似をしたのかもしれないが、一度使われてしまったら、もう使うべきではない。より低レベルなものを連想させてしまう用語を使って自分をおとしめる必要はない。

「きちんと」「きっちり」という言葉を使う人は、だいたいは現場の人ではなくて、現場を管理・指導する立場の人であることが多い。いわゆる管理職である。自分自身に向けて「きちんと、やって行きます」とアピールする人もいるが、これは説得力がない。具体性がないからである。これらの言葉を使った瞬間に、その人のマネジメント能力を疑うことになる。

他人に言うと丸投げになる

上手く進んでいないことを現場のツメが甘いなどという曖昧な指摘を行い、現場の責任にして、「今度はしっかりやれ」と言う。そして次には「きちんと」「きっちり」徹底させるというニュアンスなのである。およそ、責任者の言葉としては違和感があるというか、もはや不適切である。全く信頼のできないレベルである。

「きちんと」「きっちり」などという言葉に、「しっかり」も追加しよう。いずれの言葉にも、具体性がない。他人に対して使う時は、丸投げになってしまう。

パワハラする人は、こういう言葉を他人に言うのを好む。

自分について言うとアイディア無しという意味

自分について言う時は、策は何もないけれどもとにかくやる気はありますというメッセージになる。

「きちんと調査をした上で、しかるべき効果的な対策を講じて、きっちりと実行して参ります」などと言うと、もう何も考えていないことは明白である。にもかかわらず、それを言っている本人はちゃんとしたことを言っていると思っているので始末に負えない。

要するに、アイディアはない、それは考えていないから、そこまで間違いない。さらに「やる気はあります」というメッセージになるかどうかは、微妙である。「きちんと」「きっちり」を普段使っている人は、その言葉を聞いて「なるほど、しっかりやっているな」と思うかもしれない。

何も考えていなくても、なぜ成り立つのか?

何も考えていない人たちであっても、政治家や重役となって成立しているというのは本当に不思議である。

マンション経営者であっても、儲かる物件のそうでないものがあるので、失敗して淘汰された経営者もあるのだろうけれども、その差は考える力だけではなくて運もあるのかもしれない。

経営に関して何の才覚がなくても、大きな資本を所有していることで、イコール経営者となって、特に労働することなく高率の利潤を生み出しているようなケースも多い。

家に財産があったから、というだけで、仕事を辞めて遊んで暮らせる人も身近に知っている。あるいは、老後の資金が足りないから、働けるだけ働きたいという人もいる。さらには、貧困に苦しむ人々もいる。世界は不平等である。

「きちんと」「きっちり」という言葉を使っているのを聞くと、なぜだか裕福で何も困ることのない人の言葉に聞こえてしまう。総理大臣を連想することもある。この言葉を聞くと、大変に不愉快な気分になるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください