iMacのHDDからSSDへの換装(iMac Early 2008)

これは2017年に実施した、iMac Early 2008 のHDDからSSDへの換装の記録である。

iMac Early 2008 というのは、Core 2 Duo 2.8GHz で、24インチのモデルで、グラフィックボードは ATI RADEON HD 2600PRO 256MB、HDDは320GBだった。

2008年の価格は、199,800円とそこそこの高額であり、当時としては、それはもう、大切に扱われたマシンだったということです。

元のOSはLeopardで、それをSnow Leopardにした時までは良かった。しかし、iPodとの互換性の問題があってYosemiteにアップグレードした。そうしたら、もうどうしようもないほど遅くなってしまったのだ。

そこで、是非とも速度を回復する必要が出てきたのである。2008年には「10.5 Leopard」だったのだが、それよりもずっと遅くなってしまったのだ。

Snow Leopard 以降はMacOSが無償になって、自由にアップグレードできるようになっているが、OSを新しくすると大抵は速度が遅くなるのである。

SSDを買う

HDDからSSDに換装するわけなので、まずSSDを調達するべし。一応心配になって調べて見たけれども、SSDはどれを選んでも大丈夫なようである。互換性の問題というのは見当たらなかった。

SSDは、容量が大きければ、値段が高い。容量の大小と価格の下落するタイミングなどを考えながら、SSDの容量を選択する。2017年1月には480GBのSSDを20830円で買った。最安値ではなかったが、それでも買うと嬉しい気分になるのが不思議、それがSSD。

 

HDDスタンドがあると圧倒的に便利

これは2040円で購入した。ハードディスクのUSB接続コネクタである。HDDやSSDをつないで、USBドライブにしてしまう機械である。おそらく、おおよそのドライブは繋げるだろうと思われる。

これは絶対的に有意義なツールで、インストールする前のドライブに、初めての接合に先立って、触れてしまうツールなのである。もうこれは続々することである。新しいマシンに入れた後に、インストールしたり、動くか動かないかを心配する必要なく、事前に設定ができるということだ。

SSDのフォーマット

3.5インチのHDDが入るサイズなので、SSDを差すと、隙間が多くて、こんなにすかすかになる。2.5インチのSSDは、3.5インチのHDDと比べると、一体、体積にしてどれだけ小さいのか。インテルのホームページを見たけれどもスペックにはサイズが載っていなかった。ちょっと残念。

それから元のMacのTimeMachineから最新バックアップからのリストアをする。

HDDとは違って、流石にSSDは涼しげである。全く振動しないし、汗一つかかない。

SSDに書き込むのは速いとしても、USBのインターフェイス以上のスピードは出ない。iMac 2008はUSB 3.0に対応していないので、1秒に20〜30MBくらいの転送速度で、200GBくらい書き込もうとすると結構な時間がかかる。

ガラスを開ける秘密ツールは100円ショップで

次は、iMacでの作業である。一番最初の仕事は、ガラスの蓋を開けるところである。iMacのLCDを保護する硬質な透明スクリーンは、本体と磁石で付いているだけなので、引っ張ると取り外すことができる。

手頃な吸盤フックが2個セットだったのだが、1個で十分に持ち上げられるので、1個あれば十分である。たまたま2個セットを買っただけだ。

この磁石のガラス蓋は大変便利なので、それ以降のiMacもそうして欲しかった。今のiMacは接着されているのだ。

ガラスを取る

ガラスは引っ張って取るだけである。もう、すぐ簡単に、外すことができる。いや、その前に一番最初に座布団に寝かすのである。24インチは重いので、低い台と後から少し高めの台を用意すると良い。

メモリーカバーを外す、そして外ケースを外す

まず、本体下のメモリーカバーの蓋を外す。これを外さないと外ケースを外せない。ここは普通のプラスドライバーでOKだ。

次に、本体ケースのネジを外していく。

この後で、ケースを開ける時には、上の写真の赤い丸の中に、マイクとカメラの配線があるので、これを切らないように注意する。ソケットになっていて、外せるようになっている。外しても良いし、そーっと開けておいても良い。それは、この後のステップだ。

ネジは12本

中が4本、小が6本、大が2本。これは24インチモデルだ。小さいモデルではネジのサイズが異なるようだ。ネジは全てT-8のトルクスネジである。トルクスネジとは星型の五角形のネジである。

ネジは外した順番ごとに、図にしてメモしておくと良い。ラフなメモだけれども組み立てる時に作業がスムーズになる。

こんな感じでメモしておくと役に立つ。これはiMac Early 2008の24インチだが、20インチや21.5インチモデルだとネジのサイズが異なるらしい。

ケースが開いた

次には、LCDを外すのだが、その前に、ソケットを2個外す必要がある。

一つ目は、これ。LCDパネル側の温度センサーである。まずこれを外す。スーッと上に外すだけだ。

二つ目は次の画像。LCDデータのソケットを外す。こちらは爪があったと思うので丁寧に外す。

LCDを外すと、その下にHDDが見える。その他の大部分の部品が見える。黒くて丸いのは、冷却ファンである。右に一つ、左下に一つ見える。冷却ファンはもう一つあって、中央の裏側にHDD用のファンがある。背面にHDDファンの吸気口だけがあるが、排気は他の熱気と共に本体上部にまとめられる。

これが熱管理の問題であるかもしれない。iMacの排熱はあまりうまくないように思われる。

HDDに付いている温度センサーを外す。粘着テープで付いているので、特に難しいことはない。

SSDに換装

HHDを取り去って、SSDを入れた。体積がグッと小さくなるので、何だかすかすかである。移動した時に揺れないように固定する必要がある。OPCテープでとめた。

そして、元のHDDに付いていた温度センサーを新しいSSDに付ける。金属面に適当に付ける。真ん中が良いのか、ソケットに近い方が良いのか、よく分かっていない。SSDが高温になるようなことがあったら、考えることにする。(その後SSDはおおよそ30度台に収まっている。)

SSDは、元のHDDよりも速度が圧倒的に速くなり、しかも低燃費、騒音も熱も抑えられる。願ったり叶ったり、良いことづくめである。

何年も蓋を開けていなかった人は、システムデータ保存用のボタン電池を替えておくと良いであろう。7年程度で寿命になるようだ。

9年経った電池を取り外して、電圧を測ってみたが、まだ使用可能な電圧だった。ボタン電池の良し悪しも、もしかすると、あるのかもしれないが、何れにしても、システムボードに問題があるという兆候ではない。滅多に中を開けないので、電池は交換しておいた。

起動時間が半分以下になった

電源入れてからアカウントが出るまで58秒、ログインしてからクルクルが止まるまでに82秒だったのが、それぞれ37秒、15秒になった。総合的に、起動時間が半分以下になった。

SSDに換装して、システムの起動時間も短くなり、アプリの起動時間も短くなった。体験的に非常に心地よいスピードになった。

 

というわけで、少し古い情報ではありますが、皆さんの参考になればと思い、公開しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください