MacOSとWindowsでフォントが共有できる

MacOSもWindowsも、両方ともよく使う。それぞれのOS、すなわち、それぞれのOSを頻繁に使う。

ネットワークの同じファイルを双方から編集したりするようなこともよくあるので、フォントが異なると大変に不便である。Windowsの定番のMS ゴシックフォントはMacOSにはなくて、MacOSの定番のOsakaフォントはWindowsにはない。

Windowsでは「MS ゴシック」とか「Meiryo UI」を使う機会が多いので、それをMacOSで取り扱う時も同じように表示させたい。

実は、WindowsのフォントをコピーしてMacOSに入れるとそのまま使用できる。

Windowsのフォントのフォルダにあるものをコピーして、MacOSのフォントにコピーする。するとそれだけで使えるようになる。

そのまた逆も真なり。MacOSのフォントもそのままWindowsに持っていくだけで使える。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください