世界ではどれくらいの人が英語を話すのか?

世界ではどれくらいの人が英語を話すのだろうか?

 

英語の世界

世界の全人口が70億人いて、

そのうちの15億人が日常的に英語を使っているという。

そして、そのうちの3.6億人が英語を母国語として話している。

母国語として英語を話す人が多数を占める国は以下の通り:

Antigua and Barbuda、Australia、the Bahamas、Barbados、Belize、Canada、Dominica、Grenada、Guyana、Ireland、Jamaica、New Zealand、Saint Kitts and Nevins、Saint Lucia、Saint Vincent and the Grenadines、Trinidad and Tobago、United Kingdom、United States of America

英語を公用語としている国はもっとある:

Botswana、Cameroon、the Federated States of Micronesia、Fiji、Ghana、India、Kenya、Kiribati、Lesotho、Liberia、Malta、the Marshall Islands、Mauritius、Namibia、Nigeria、Pakistan、Palau、Papua New Guinea、the Philippines、Rwanda、Saint Lucia、Samoa、Seychelles、Sierra Leone、Singapore、the Solomon Islands、Sri Lanka、Sudan、South Africa、South Sudan、Swaziland、Tanzania、Uganda、Zambia、Zimbabwe

 

日本語の世界

ちなみに、日本語を母国語としている国は、日本だけ。

日本の人口は1.3億人なのだが、

1.3億人の全てが母国語として日本語を話しているわけではなく、

実際には1.2億人くらいが日本語を母国語としている。

 

海外にも日本語を常用する人もいるけれども、少数なので、

それを合わせても世界では1.2億人くらいとなる。

 

英語を使う人は世界に広がっている。

日本語よりも広い。

 

イギリス英語とアメリカ英語

英語は、イギリス英語とアメリカ英語があり、

他にもカナダやオーストラリア、インドやフィリピンなど、

いろいろな国で英語が使われている。

 

そんなに違わないけれど、時として随分違う。

 

15億人の人々の英語をざっくりと、イギリス系とアメリカ系に分けると、

実は多数派は圧倒的にイギリス英語である。

実に、イギリス系が8割を占める。

 

一方で、母国語として英語を話す3.6億人で見ると、

アメリカ英語は推定2.4億人となり、3分の2がアメリカ英語だ。

アメリカ英語の大部分はアメリカ人である。

 

日本でも古くからイギリス英語を勉強したのだが、

戦後はアメリカ英語を教えるようになった。

 

さて、このように分母の取り方で、

イギリス英語とアメリカ英語のどちらが多いかが、

真逆に変わってしまうのである。

 

ただ、全体で見ると、あるいは英語が母国語でないところでは、

イギリス英語が多いということになる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください