2018/12/18 昼ごはん – 仙台「末広ラーメン」

仙台に行くとどういうわけだか、吸い寄せられてしまう店である。

秋田駅前にもあって、最初に行ったのは秋田の店だった。

味は、ほぼ同じような感じである。特に違いは分からなかった。

チャーシューとかではなくて、薄切りの肉がごそっと載っている。

実は、初めて秋田のお店で食べた時は、夜遅くに秋田に移動した日で、羽田から夕方よりちょっと遅くなってから移動したのだ。飛行機の出発が遅れて、その間ラウンジで一杯のはずのビールが2杯になった。

何も食べずにだらだらとビールを飲んで、飛行機になる前には何だか少し胃が痛くなってきた。

秋田に着いてからは、秋田市中心まではリムジンバスでまた50分くらいかかる。夜の9時過ぎにホテルにチェックインして、外に出て、何か軽いものが食べたいと思ったのだが、9時過ぎるとお店はどこも閉まっている。

居酒屋は開いている店が少しだけあるけれども、それはチェーン店だけだ。そんな時に町を歩いていて見つけたのが、末広ラーメンであったのだ。

近くには、なまはげのいる居酒屋がある。店の外で大声で「泣ぐ子はいねが〜!」とか叫んでいる。店内にも来て怖いのである。それはそれで楽しい店だったのだが、その日は胃が痛いのである。胃が痛い時には、なまはげは要らない。たぶん。

結論になります。ここのラーメンはちょっと胃が痛いくらいの時でも、温かくて癒す力があったように思う。僕にとっては、とてもいい感じである。

もちろん、病気が治るわけではないので胃痛に効くと言っているわけではありません。それでも良い感じだった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください