ブラウンシェーバーの電池交換をしてみた(3シリーズ:モデル330)

ブラウンの3シリーズで330というモデルの電気シェーバーを使っていた。2011年に買ったもので、替刃も何回か交換しながら8年ほど使用した。特に問題はなかったのだが、最近になってバッテリーが弱ってきたようで、充電しても5分か10分くらい経ったところで、緑のランプが急速に点滅する。

何かの警告であるように思えるのだが、この緑の急速の点滅について、取扱説明書にも特に説明はない。またネットで調べても関係のありそうな記事は見つからなかった。少し心配になってきて、買い替えようと思った。いきなり発火したりすると怖い。

そんなわけで、ネットで一番安いブラウンシェーバーを探して買った。替刃と同じくらいの値段である。量販店の替刃よりもずっと安い。注文した翌々日には届いた。本当に便利な時代である。

新しいシェーバーは、きわ剃り刃がついていない。取扱説明書には「キワゾリ刃」と書いてあるのだが、トリマーと呼んだりもするようだ。きわ剃り刃がついていないのは承知の上で、一番安いモデルを買った。要らないと思っていたが、やはり必要な気がしてきた。もみあげを整えるのに便利である。しょっちゅう使うわけではないのだが、時々使うのである。

そう思ったら、古いシェーバーも復活させようと思うに至り、自分でバッテリーを交換することにした。以下のページを参考にした。「Braun 320s-4の内蔵バッテリーを自力交換

320s-4よりも330の方がモデルが少し古いのか、若干違いがあるようなので交換した手順を載せておくことにした。

ブラウンシェーバーのバッテリー交換の手順

1. 刃を動かすスプリング付きの部品を外す

まずトルクスドライバーのT8でネジ2本を外す。外側の黒いカバーを外そうとするとどうしても引っかかる。そこで、刃を動かすシャフトに付いている、スプリング付きの部品がぶつかる。これを外すことにした。

本体から突き出た2本のシャフトのうちの一つが、同時に真ん中の刃も動かしていたのだな。ずっと使っていて、今まで気がつかなかった。

2. 外側の黒いカバーを外す

小さなスプリングと部品を外した。ちょっと固いし、力を入れると割れてしまう。少し欠けてしまった。

そして、黒いカバーを外した。2本のネジはこのカバーを止めるためだと思っていた。しかし、実際にはその下の銀色の部品もこのネジで止まっていた。

3. きわ剃り刃を外す

きわ剃り刃をぎゅっと引っ張って、その隙間に薄い物差しなどを入れて、クイっと力を入れたら外れた。部品も割れずにうまく外れたが、これはラッキーだった。

4. モーターカバーを外す

この銀色の部分から、ごそっと外れるようなのでうまくやれば、「2. 刃を動かすスプリング付きの部品を外す」必要がないのかもしれない。しかし、5.の写真の白い部品は、きわ剃り刃を動かすために突起があるので、これをうまく外すのも難しい。

5. 刃を動かす二つの軸の部品を外す

この白い部品が、モーターの回転運動を往復運動に変えている。この白い部品には、きわ剃り刃のための白くて細い突起が横に付いている。この突起が左右に動いて、きわ剃り刃を動かすようになっている。

6. モーターの主軸が出た

この白い部品を取り外すと、モーターが出てくる。主軸が金色に光っており、何というか神々しいような感じである。

7. パッキンを外す

ケースの外周に沿った柔らかいゴムのパッキンとネジ穴を守るゴムのパッキンが付いているので、これを外しておく。柔らかく弾力があり、まだまだ使えそうだ。

8. グリップを外す

これが力もいるし、厄介であった。上の爪を外しながら、それを押さえつけながら、下も外していくのは、かなりの困難があった。表側の一番下の爪は左右とも割れてしまった。この一番下の爪は表側から押さえることができない。ここが最大の難所であった。

9. 本体のカバーを外す

ここでもT8のトルクスネジを外す。6個付いていた。これより新しいタイプだと2個に減っているようである。この表側の透明なプラスチックの蓋の裏側にもゴムのパッキンが付いており、防水になっている。

かと言って、このモデルは全体が防水と銘打ってはおらず、先端のみ水洗いできるという仕様である。それにしては随所に防水が行き届いているようだ。

10. 電池ボックスと本体との接合部分を確認

中央の側面近くに銅の端子が見えるだろうか。ここで電池ボックスが電気的に本体に接続されるようになっている。右に飛び出ている金具はスイッチである。

11. 電池ボックスを外す

電池ボックスは普通に引っ張れば外れる。ネジは付いていない。電池ボックスを外す。(写真に見えるネジは本体の表面の蓋のネジである)

SANYOのニッケル水素電池である。容量はわからない。一般の単三型の電池と大きさは同じだが、マイナスとプラスの両方に同じ形の細い突起が付いている。

12. 電池ボックスから電池を取り外す

電池ボックスには、両面テープで固定されている。少し力を入れて外す。

13. 部品の一覧

全部を分解するとこのような状態になった。防水のようにパックされているので、外側に近い所だけ、細かいヒゲや汚れが付いているけれども、中身の部品はピカピカで8年も経っているようには見えない。

14. 新しい電池を装着する

元入っていた電池と異なり、普通の電池にはマイナス側に突起がないので、銅の電極の爪をラジオペンチで内側に2mmくらい曲げて、接触が良いようにする。そしてプラスとマイナスに注意して電池を入れる。

15. 逆の順番で組み立てる

組み立ては、基本、分解の逆の順番で組み立てていく。

きわ剃り刃をつけるところでちょっと戸惑う。本体側ときわ剃り刃のそれぞれにバネを引っ掛けて、下の方の突起を本体の窪みに合わせて、刃の方を上から下に下げていくと、カチッとはまる。

最後に動作確認

新しい電池を入れてから、スイッチを付けてみると、赤いランプが付くだけで動かない。これは一体どういうことか? 新品の電池なのに? と思っていたが、もしやと思い、一回充電器に装着してみた。

ほんの数秒充電器に付けて、外しただけだが、通常どおり動くようになった。その後、何回も使ってみたが、すぐに赤いランプが点灯するようなことはない。バッテリーを外した時に一旦全てがリセットされるのだろう。

作業は以上で完了。

分解してみると、高品質を実現するために、部品から全体構成までがきっちりと設計されていることがよくわかる。こういう製品に接していると、とても気分が良い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください