カズオ・イシグロ著、小野寺健訳『遠い山なみの光』(ハヤカワepi文庫)について書きたいと思うが、これは感想でも書評でもない。 この小説を読んでいて、呼び覚まされたことがあった。それは今までとは全く異なる新しい感覚だったの …

街には大きな音が溢れている。幹線道路沿いの自動車の音や、大都市の繁華街の音など、ものすごい大音量である。電車に乗っていても、騒音やアナウンスは耳に痛いほどである。 このような大音量に日常的にさらされているのに、これ以上大 …

野方ホープというのは、関係は知らないけれど名前の似ている、吉祥寺にある「ホープ軒」とはまた別のお店である。 かつて1990年代頃までには環七の荻窪に近いところにもホープ軒があった。、吉祥寺にもホープ軒があった。神宮前にも …