勉強する目的は、権力に騙されないため、そして自由を勝ち取るため

なぜ勉強しないといけないのか

勉強する目的を考える。

一番の目的は、やはり権力に騙されないためだと思う。

知識がないと「原発は安全です」とか、「世界的にもトップレベルの科学者が安全を保証しています」などと言われて、ころっと騙されてしまう。

原発のウランや廃棄物として大量に発生するプルトニウムは、どうにも処理のしようがない。一旦ウランを濃縮してしまったら、もうどうしようもないのだ。そういう知識は必要だ。

絶対安全なんてものは世の中に存在しない、ということもちょっと勉強すればわかることである。ミスをしない人間も、故障しない機械も存在しないのだから。

多くの人が知っていれば、その声は大きな力になる。

国語はまず重要

国語はまず重要である。言葉を正確に理解することは、何よりも身を守るために必要なことだ。うまい言葉に引っかからないように気をつけないといけない。

まあ、引っ掛ける側に回ったとしても、言葉は重要なツールである。

英語など外国語をやる意味は、国語と外国語の曖昧さを理解して、意味の違いを知ることにもなるし、それもコミュニケーションの力を強くしてくれる。

コミュニケーションとは、基本がロジックである。具体的に言わないと伝わらない。そのことも知る必要がある。

語順が違うということ自体を知って、異なる語順で考えてみることも発想を広げてくれる。別の考え方もあるということを知ることができる。

「走って橋を渡った」のと「橋を渡るために走った」のは、日本語にすると随分と違うけれども、似ているところもある。何がどう違うのか。

自分の感情は、自分一人で作っているものではなくて、社会との接触によって作られているものだということも知る必要がある。

いわゆる文化系

理科系・文化系という区分ももう古いのかもしれない。

美術・音楽などの芸術系、文学系もまた別の重要な系統だ。これが無かったら生きていく楽しみが大きく損なわれてしまう。

人文科学系科目としては、法律、経済、社会などがあり、歴史や地理などもあるわけだが、つまるところ、これらはみな政治の結果引き起こされた特定の現象なのである。

権力者たちがあっちやこっちで暴れてきた結果が、世界に様々な物理的・心理的・社会的な影響を及ぼした。戦争の被害は街や景観を破壊し、人々は死に、生き残った人の心には傷を残す。民族間の怒りや不満も燃え続けている。

戦争や人権活動を平凡に平板に羅列してしまっては、感覚を鈍らされてしまう。戦争が何年に始まって何年に終わったという事実よりも、誰と誰が戦争をして何人が死んだのか、負傷したのかということの方が重要に思える。

ただ単純に暗記するのでは、感覚を鈍らせてしまい、それでは結果的に、権力者が民衆をコントロールするためのツールに堕ちてしまう。

いわゆる理科系

物理や化学も、実際に存在する世界、つまり物質に対する知識であり、センスとして不可欠だ。精密な実験をしても、結論は理論に合わせて解釈される。本当の実態であるとは限らない。現代で最も正しいと思われる理論で解釈された理論値によって、世の中は動いている。

環境、気候、医療、食品、教育、経済、政治、国家、人種、イデオロギー、芸術、文学、音楽、動植物、などなど、世の中の様々なことが複雑に絡み合って、地球上の世界を作っている。

科学や技術的な発明などが、人々の生活に生かされる一方で、国家や権力に取り込まれて使われてしまうこともある。原子力もロケットも。金融市場もメディアももはや平等なものではなくなってきた。世界の富はますます不平等に分配されていく。

統合していくこと

危ないこと、人々のためにならないことであっても、ある権力を持つ人が利益を得るために実行しようとすると、なかなか止められない。

原発は止められない。日本の国土全体を自由気ままに演習場にしてしまうアメリカ軍にも何も言えない。

アメリカの属国となるのが日本の安全ために良いのだ、などということは、ありえない馬鹿げたことだ。国家は独立した権限を持って、他国と対等に付き合うべきである。そろそろ悪い習慣を断ち切った方が良い。

そもそも善悪の観念が一致しないと、国家間での協調に支障をきたす。善悪や倫理を考えるのは重要だ。長い哲学の歴史がある。今も善悪の統一理論はないけれども、考え続けることで現実的な解決方法が見つかるかもしれない。

世界を作っていくための、世界をより良く運営していくために必要なことが勉強であって、そのビギナーコースを小学校や中学校、高校でやっている。

年齢を重ねるとだんだんと勉強は高度になってきて、専門に分かれて進んで行く。そうするとあるところで、専門性の壁ができて、言葉が通じなくなってしまう。底辺のところでジャンルにまたがって理解できる人が必要だ。

だから、子供の頃からの勉強というものが、世界を良くするために本当に必要であるということが、今となってはとても強く実感できる。本当にそこにつながっているのである。どう言ったら、実感してもらえるだろうか。

専門性を分かち合う

政治や経済の仕組みというのは、人脈の強い家系で資産の大きい人がだいたい勝つようになっている。そもそも現在が不平等な社会である。

専門性が高度化しても、それぞれが通じ合って、交流しないといけない。専門性はどんどんと進み続けるのが宿命で、それをまとめる力もどこかで必要だ。

多種多様なジャンルの人が持つ専門性を分かち合って、一人一人が考えていくことが、自由な世界に向かう道なのではないか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください