宮城県塩竈市のとても美味しいラーメン屋さん〜中華そば蒼穹に行った

出張先の宮城県のラーメン屋さんで食べた、生姜ラーメンは本当に美味しかった。醤油ラーメンも、塩ラーメンも美味しかった。中華そば蒼穹という。この店は病院の前にあって、お昼時しか営業していない。

小さなお店で、席は数席である。感じの良いお店であった。もう少し席があっても良いのになあと思うのである。2017年に初めて行った。

生姜ラーメンというのは、定番メニューというよりは、スペシャルメニューだったようなのだが、様々な具材とともに生姜が全面に利いていて体も心も温まるラーメンであった。12月25日だったので、ああクリスマスだなぁと思いながらラーメンを食べたのだった。

本物の生姜のすりおろしが載っていて、細かく刻んだ生姜も入っている。ダブルの食感が楽しめる。青ネギに加えて、玉ねぎが少し入っていて、甘みも調整されているところがすごい。

さらにレモンの酸味が、意外にも生姜をまろやかにするようである。

もうつゆに溶け込んでいる生姜もあるのだ。とても美味しい生姜ラーメンだった。また何度でも食べたい感じ。寒い冬に心底温まる感じだった。

以前にこの店で食べたラーメンも載せておこう。

2017年10月26日には塩ラーメンを食べた。塩ラーメンは、鳥のスープがあっさりとしっとりする香ばしい味わいだった。


2017年10月25日には醤油ラーメンを食べたのだ。この前の写真の塩ラーメンはこの翌日に食べたのである。

醤油ラーメンは、味玉を加えてもらった。毎日でも飽きない美味しいラーメンである。この醤油ラーメンには、三つ葉が入っている。三つ葉は、お吸い物などにはよく入れるけれどもラーメンにはあまり入っていることがない。

このお店のあっさりとしたスープには三つ葉がよく合う。スープはあっさりとしているけれども、旨味があって味が深いので、ものすごい満足感がある。

普段は東京にいるのでそれ以来訪れる機会がない。いずれまた宮城県塩竈市に近づいたら食べたいと思う。

東北のラーメンは、実は東京のオリジナルのラーメンのルーツなのかもしれないと思う。よく醸造された濃い口の醤油をさっと使って味を作るやり方が、何やら東北の味加減を思い起こさせるのである。味付けは決して強いわけではない。ラーメンで一番塩味が強いのは、東京や横浜のとんこつラーメン屋である。

ミシュラン的に言うと、このお店は食べるために遠方から出かけて行っても良いかもしれない。ラーメンの世界では星がいくつか付くのであろうと思う。ただし、このお店は通常お昼しか営業していないので、遠くから尋ねて行くには、事前に確認した方が良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください