ブルーレイ(Blu-ray)の再生アプリがMacには無い!

外付けでUSB接続のBlu-ray のドライヴを買った。

自宅には、Macが2台、Windows2台で、どちらにも使えると思って、パソコン用のブルーレイのドライヴを導入した。

自宅にはBlu-rayやDVDを再生できる専用機もあるが、日常的にテレビを設置していないので見るには準備が面倒である。

Windowsの1台はBlu-rayドライヴ内蔵なので、対象は別のWindows1台とMac2台ということになる。

本当に軽量コンパクトなBlu-ray再生ドライヴである。PCの隣にそっと置いても全く邪魔にならない。マウスパッドよりも小さい。そんなわけで購入した。

パソコンではBlu-rayの再生が困難!

まずMacにつないでみて、ふむドライヴの認識もできた。接続もできた。

と、ところが、ここで大きな問題があることがわかった。MacにはMacOS標準ではBlu-rayの再生ソフトが付いていないのだ。

いやWindowsにだって標準では付いていないが、Macにないとは思ってもみなかった。フリーウェアがいろいろあるものと思っていたのだ。

Macでは写真の保存、アーカイヴもDVDの再生もミュージックも、マルチメディア関係では何も不自由することがなかったので、何だかそれに慣れてしまっていた。ちょっとボーっと生きていたかもしれない。

このドライヴには、Windows用にはドライバーと再生ソフトが付属していた。そこそこの高機能なアプリが付いていた。

しかし、MacOS用には何も付いていない。しかも、ネットで調べても、Mac用のBlu-ray再生ソフトは、フリーウェアではほとんどない。プア極まりない状況であった。有料のソフトは幾つかあったが、シェアとしては1位のソフトが独占に近い状態なのである。

Blu-rayというのはAACSという暗号化がされていて、ガチガチにガードがかかっており、全く融通が利かない。というか、きちんとガードされていると言える。

それにしても、自分で購入したBlu-rayディスクを、自分で購入したBlu-rayドライブに入れても、自分で購入したパソコンで再生できないのである。これは、納得しがたいことである。

本来守るべきはBlu-rayのコンテンツの権利であるはずだ。それが、Blu-rayの再生アプリの販売者を守るようになってしまっている。何だかズレているように思えてしまう。

Blu-ray再生アプリの状況

古い記事ではVLCでBlu-ray再生できるとの記事があったりしたが、過去の真偽はわからないが、現在の市販のBlu-rayで使われているaacsという暗号化を解除できるようにはなっていない。ライブラリやコードを追加すれば、再生出来るとする記事もあるが、それもすべて遠い過去の話であるようだ。

再生アプリでは以下のものを試してみた。

  1. Leawo Blu-ray Player
  2. Macgo Mac Blu-ray Player

1. Leawo Blu-ray Playerでは、Blu-rayの再生はできるが、音声が先に出る。これは、すなわち、映像が遅れているということで、のべつまくなしに、音声と映像が合わないのである。aacsの復号化もできて完全無料であるが、音声が同時通訳のように遅れるのである。実に惜しいことである。

2. Macgo Mac Blu-ray Playerとは、MacOSの世界においてBlu-rayを再生すると言ったら、これをおいて無いという程の不動の地位を占めている。というのも、このアプリがMacにおいて最初の完全な形でのBlu-ray再生を提供したアプリであり、ダントツのシェアを持つソフトであるからだ。無料でも使えるが真ん中に「〇〇未登録」なようなメッセージが表示されて視聴には耐えない。もちろん有償で登録すればこれは消えるので、登録すれば良いのである。

MacのBlu-ray再生アプリは数が少ない

Macでは、フリーウェアでしばらく使って、それから使い勝手の良い有償アプリに切り替えて・・・という、経済発展のルートがないのだ。

アプリはどれも1ライセンスで5000円以上と高額である。今は他にそれに匹敵するレベルのアプリが無い状態のようである。選べないのはちょっときつい。

一方で、Windowsの方は、CyberLink Media Suiteというアプリがバンドルされていて、このアプリでBlu-rayを快適に見ることができる。Windowsソフトらしい豊富な機能を持ったアプリケーション・スウィートである。これがなかったら、Windowsでも再生アプリには苦労したかもしれない。

Mac用のソフトもバンドルしてあったら、どれだけ便利だったことかと思うが、Macではフリーソフトはほとんど壊滅状態である。そして有償のアプリは、Macgoから6000円ほどで販売されている。Macgoはしばらくはバンドルされないだろう。

まあ、そんなわけで当面はBlu-rayドライヴはちゃんと使えるし、Windows版の再生ソフトは良好である。何も問題はない。Macの再生アプリでは、選択肢があれば買っても良いと思うのだ。今は、競争が少なくていまひとつレベルが上がっていない感じがする。

Blu-ray再生アプリよ、もっと出てこい!


関連:
・「NASの選定と導入〜MacOSでの速度向上対策

One Reply to “ブルーレイ(Blu-ray)の再生アプリがMacには無い!”

Steve にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください