komoriss plays J.S.Bach Invention 5

iPhoneに取り付けるタイプのマイクを買って録音してみました。

ZoomのIQ7というマイクです。

今回は、前回のように「片手撮影、片手演奏」ではなく、ちゃんと三脚にiPhoneをセットして、Zoom IQ7を差し込んで動画を撮影しました。

こんな感じです。

演奏は未熟ではあるけれどもそれは仕方がない。

SLIKの三脚に、百円ショップで買ったスマートフォンホルダーを組み合わせて、iPhoneを装着した。長男と一緒にスマホフォルダーを探しに行って買ったのだ。

さて、このZoom IQ7というiPhone直付けのマイクなのだが、音質はそこそこ良い感じ。軽くて、こんなので大丈夫なの? という感じなのだが、とにかくステレオで音声が録音できる。

ただ、ゲインを上げるとちょっと音量が強くなると割れてしまうので、ゲインを下げると、今度は音量が出ない。微妙なところで調整が難しい。

この録音のように一人でエンジニアなしで録音するには、録音ゲインを固定したままある程度のダイナミックレンジがカバーできないと不自由する。

音が割れるのは論外なので、録音レベルちょっと低めに設定して撮ることになる。

帽子をかぶっているには、特に意味はないけれど、真後ろからのカメラなのでちょっと恥ずかしかったので、毛糸の帽子をかぶった。でも敢えて言うが、特に恥ずかしがるようなことはないのである。

真横から撮ると映像としては良いのだけれどピアノにとても近い場合には、高音の打鍵の音が強く入ってしまった。そこで真後ろとなった。

調律も悪くなっていて、それも気になるので、諸々整備したらまた録音してみようと思う。


関連記事:
平均律と古典調律とは何か?
・「カプースチン、ジャズピアノ、そして新しい音楽
・「【細幅鍵盤1】幅の狭い鍵盤のピアノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください