駒沢給水塔〜美しい双子の王冠

東京世田谷の駒沢給水塔に来た。1923年竣工という。

給水塔という機能に特化した施設ではあるが、威風は堂々と、風格があり気品がある。双子の給水塔とも言われる。都心の住宅地にあって、美しい風景である。

この給水塔が建設された時、この時代の特徴かもしれないが、機能優先だけではデザインされなかった。当時の街並みには、違和感は大いにあったとしても、それでもより良いデザインであるよう、美しくあるよう考えられたと思う。

給水塔としての機能だけを実現するデザインであったならば、もっと異なった姿形になっていたと思う。機能優先ではないばかりか、何かしら宗教的な、聖堂のような外観になっているのだ。

給水塔まで歩いて来てこの写真を撮った後、ボロ市まで歩いた。1月15日でボロ市の開催日だったのだ。

今日はとても寒かった。気温は2度くらいだったと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください