ビールを飲む、今日は日本のIPA(インディア・ペールエール)

最近、IPAというタイプのビールを飲んだら、とても美味しかった。IPAというのは、India pale aleの略である。と言っても、インドのビールというわけではなくて、18世紀の終わり頃にイギリスで作られた。IndianではなくIndiaである。

インド向けに、ホップをたくさん入れた苦味の強いビールを作ったところ、それがイギリスでも人気となり、インディア・ペールエールと言われるようになった。

日本のIPA

IPAはただ苦いのではなくて、爽やかな香りが良い。ホップの苦みは、酸味を抜いたグレープフルーツの苦みのような感じである。

日本でもIPAビールが作られるようになって来た。今では、いろいろな種類のクラフトビールを飲むことができる。また、一口にIPAと言っても様々なタイプがあるようで、必ずしもこの2種類と似たものだけではないようだ。

Far Yeastの東京IPAは豊かな味である。ベルギーの酵母とアメリカのホップだそうである。値段がちょっと高い。他にも数種類のビールがある。山梨県で作られている。

 

次のは川越のコエド。毬花(まりはな)という種類で、まりはなというのはホップの花を意味する日本名だそうだ。

コエドブリュワリーでは色の名前のついたビールを作っている。

ホップの花と実

ホップの花は、線香花火がぱちっと光った時のような形をした薄緑色の小さな花である。最初のが雄花で、2番目のが雌花である。

「季節の花 300」

 

こちらはもう一つの花。雌花である。

この最初の方の雄花から実のようなものができて、松ぼっくりみたいな形に膨らんで行く。

 

IPL

実はIPLというものも今では作られている。India Pale Aleをエールではなく、ラガーにしたというものである。India Pale Largerということか。しかし、これは海外では一般的なものではない。

こちらは色が少し赤みを帯びている。

普段は、ホップの苦みを意識しても、香りをあまり感じないかもしれない。しかし、IPA=インディア・ペールエールでは、ホップの香りを楽しむことができる。IPLも似ているけれど、また少し違っていて楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください