大変に素晴らしい歯磨きの方法について

何のために歯を磨くのか?

まず最初に何のために歯磨きをするのか確認する。これは重要だ。

目的1. 虫歯になりにくくするため
目的2. 歯周病になりにくくするため
目的3. 口の中をすっきり気持ちよくするため
目的4. 歯を綺麗にする(綺麗に見せる)ため

目的1と目的2は病気の予防である。目的3は主観であり、目的4は見栄えである。目的によって、方法が異なると心得るべきである。

歯磨きのターゲットは何か?

歯ブラシで磨くときにターゲット(磨く対象)となるのは大雑把に分けて次の3つがある。3つの対象を意識する必要がある。

1. 歯の表面とくぼみ
2. 歯と歯の間
3. 歯と歯茎の境目

歯磨き剤はどういうものが良いのか?

歯磨き剤とは、歯磨き粉とも言う。一般にはペースト状のものが多い。市販の歯磨き剤は、大半が目的4の「歯を綺麗にするため」のものだ。とはいえホワイトニングにはあまり役に立たない。

実際に、目的4を実現するのは歯磨き剤ではなくて、歯ブラシによってである。したがって、歯磨き剤の効果とは、目的3の「自分自身が」口の中をすっきり気持ちよく感じれらるための芳香剤としての効果が主となっている。

歯磨き剤の効果は主観的なことにとどまるので、これは保留する。

歯ブラシを使って、どうやって磨くのか?

歯ブラシの持ち方も歯の生えている方向に直角に、つまり横に磨く方法もあり、歯ブラシを縦に持って上下に磨いたりもする。歯ブラシは歯に対して直角だの45度などいろいろある。が、要は物理的にきれいにすることであり、歯並びが人によって異なるのでそれに合わせて隙が無いように磨くことが肝要である。

歯ブラシはどのような物が良いのか?

歯ブラシはヘッドがある程度の大きさがあり、毛が多いのが良い。コンパクトヘッドは磨きやすいかもしれないが、コンパクトでは毛が少ない分、歯ブラシの清掃性能が落ちてしまう。ヘッドの長さと幅が70%になると、植毛部分の面積が49%になり、能力は半分以下になってしまう。

歯ブラシはどのくらいの期間使えるのか?

口の中に入れる衛生器具であるので、箸やフォークのように清潔にして使用する必要がある。箸やフォークは綺麗に洗えるけれど、ブラシは合成ではあるが繊維なので汚れが取れにくい。歯ブラシの毛の付け根に汚れが付着したり、毛先が曲がったりする前には、交換したい。

次のように考える。歯ブラシを1日3回、月に30日使うと90回使うことになり、1回10分とすると900分。つまり15時間だ。私見だが、1本を15時間使えばもう寿命であろう。10時間でも十分かもしれない。古くなると汚れが落ちないので、使う頻度が少なかったとしても、1ヶ月で交換するのが分りやすくて良い。1日あたり10円弱だ。

歯ブラシで磨き始めるときはどのようにするのか?

歯ブラシには、歯磨きペーストは付けない。歯ブラシには特に水を付けなくて良い。歯垢は水溶性ではないので、ブラッシングで物理的に除去する。一通りざっと汚れを取ったら、うがいをする。歯ブラシもささっと水洗いする。そしてまた磨く。そしてうがいをして、歯ブラシを水洗いする。

うがいをする時は、力を込めてぶくぶくと強い水流が起こるようにする。

歯ブラシの際の注意点は何か?

歯ブラシには力を込めないで磨く。大切なものを磨くのである。ブラシの本体がしならない程度の弱さで磨く。時間の余裕があれば、磨いた後で柄の付いた小さいミラーでチェックする。

歯ブラシはどのくらいの時間磨けば良いのか?

歯磨き剤を付けないままで汚れや匂いが取れるまで磨く。油ものを食べた後でも、唾液とブラッシングの力でつるつるになる。15分以内に収まるように、どこが汚れているか、磨き残しは無いかをちょこちょこ見回しながら効率的に磨いていく。

歯と歯の隙間はどうすればよいのか?

やはり歯間ブラシとかフロスとかを使って綺麗にするのがよい。ただ隙間を完全に綺麗にすることには限界がある。歯間ブラシの方が隙間には効果的だけれど、歯の隙間が短い人には使えない。歯と歯の間にある歯のくぼみなどはきれいにすることができない。定期的に、歯医者さんの健診に行ってクリーニングしてもらうのが一番良い。それ以上の解決方法は今のところ無い。

歯磨き剤はどうやって使うのか?

歯磨き剤は、大雑把に言うと「目的3. 口の中をすっきり気持ちよくするため」、「目的4. 歯を綺麗にする(綺麗に見せる)ため」のものなので、ターゲットの清掃が終わったら、歯磨き剤をほんのちょっと付けて、歯の表裏をくまなくブラッシングする。

諸説あるけれど、私の場合は、歯磨き剤は何度もうがいして洗い流すことにしている。歯磨き剤を洗い落とすとフッ素の効果はなくなるが、洗剤が歯に残って体に入るのは気持ち悪い。フッ素の歯磨き剤を使った後、ごく少量の水でうがいして、しばらく飲食をしないでおくと虫歯予防の効果が高いという説がある。洗剤成分の残留が気にならないという人はこのようにしても良いかもしれない。


注:「私の方法」としたのは、デカルトの方法序説を意識して付けたものだ。真偽を判別する方法は、哲学的に大変に興味深いテーマである。世界経済の中でも巨大マーケットである医学・薬剤の業界における研究というものがどれだけ客観的で科学的なのかは定かではないが、とある医者がふと漏らした「患者が治って去っていくのは良いことだがそれでも寂しい。また戻ってきて欲しい。」という言葉が、医学薬学界の力学として機能していることも否定できない。
注意:本稿はあくまでも個人的な見解であり、科学的な研究に基づいたものではありません)


関連記事:「正しい「うがい」の方法

 

2 Replies to “大変に素晴らしい歯磨きの方法について”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください